Can Japanese Language Help your English Pronunciation?|日本語は英語の発音に役立つのか?

※記事の後半に日本語訳があります。

You might have read my first blog about how your first language (Japanese language) interferes with your pronunciation of your target language. In this blog, I will share with you how the Japanese language will help you learn American English pronunciation.

According to research, data showed that if the teachers are aware of the sound system of their students’ first language, students improve more than those students who are taught by teachers who are not. This awareness gives teachers ideas about the probable mistakes their students might commit. It also helps teachers understand their students more. Thus teaching pronunciation becomes an easy task. (Teachers at Souspeak and Engrit are using this way of teaching, so you can ask them if the result of the research is correct.)

I think this type of teachers’ awareness also helps students feel comfortable in learning something that is challenging for them. Let me cite an example.

Please READ the tongue twister below.

She sells seashells by the seashore. The shells that she sells are sea shells I’m sure.

Is it difficult?

Please READ the katakana characters below. (Disclaimer: The characters below are base on how I hear the sounds and not on how it’s written in katakana English)

シー セルス スィーシェルズ バイ ザッ スィーショrr
ザッ シェルズ ザット シ セルス アrr スィーシェルズ アイム シュrr.

Is it easy?

I hope your answer is yes.

Note: Please pronounce this with a teacher, since this still needs an explanation as to the mouth formation and tongue movement.

「どれほど第一言語が目標言語(学ぼうとしている別の言語)の発音習得を妨げているか」に触れた私の初めての記事は、もうお読み頂いたでしょうか。今回は、「どのようにして日本語がアメリカ英語の発音習得の役に立つのか」についてお伝えしようと思います。

調査によると、教える立場にいる人が「生徒の第一言語の発音の仕組み」を意識している場合、それを意識していない人に教わるよりも生徒たちの上達が早いというデータが出ています。この気づきは講師にとって、生徒がやりがちな誤りを把握するきっかけとなりますし、講師が生徒のことを更に理解する助けにもなります。そうして、発音指導は易しいタスクへと変わるのです。(サウスピークやエングリットの講師陣はこの方法を取り入れているので、この調査結果が正しいかどうか確認してみてください。)

私が思うに、こうした講師側の気づきは、学ぶには難しいと感じているものに対する生徒たちの気持ちを和らげる効果があります。例を挙げてみましょうか。
下記の早口言葉を声に出して読んでみてください。

She sells seashells by the seashore. The shells that she sells are sea shells I’m sure.

難しいですか?

では下記のカタカナを声に出して読んでみてください。(注:下記の表記は私の耳で感じる音を日本語へ変換しているのであって、英語をカタカナでどのように書くかを正確に示すものではありません。)

シー セルス スィーシェルズ バイ ザッ スィーショrr
ザッ シェルズ ザット シ セルス アrr スィーシェルズ アイム シュrr.

簡単ですか?
あなたの返事が「yes」であると期待していますよ。

補足:この早口言葉は、口の形や舌の動きに関して他にも説明できることがあるので、講師に発音を見てもらってくださいね。

Life Adjustments|暮らし方を変えていく

※記事の下部に日本語訳があります。

Certainly, living in Japan requires many adjustments and lifestyle changes. Here’s my list!

  1. Eating healthy

This means goodbye Coke and hello vegetables! Back in the Philippines, a day wouldn’t last without me drinking some soda or mindlessly reaching for some junk food when my stomach starts to rumble. I would even run to Jollibee at midnight just to grab some fries. But now, there’s so much tea and vegetables in our fridge. I feel there’s cabbage, carrots and cucumber everywhere! Hello to a healthy life!

Sharmaine’s happy face while eating Nabe.

Cabbage is life!

  1. Japanese Language

It seems all of us panic when someone buzzes the doorbell, or when we have to talk to the apartment personnel. I always do a quick practice of  “Konnichiwa” or “Sumimasen”  before speaking. We surely feel how difficult it is to communicate with people here. So we started to learn basic Japanese. And oh well, the struggle is real!


Japanese is metcha muzukashi!

  1. Getting used to all- things automated

It’s funny how those self- order food ticket machines in restaurants make me nervous. This is the reason why I seldom eat out and when I do, I choose the restaurant with staff taking my orders.

  1. Getting confused with trains

Just yesterday, I accidentally rode an express train and ended up 12 stations away from my destination. I was so exhausted and hungry from my mini escapade in Harajuku and carelessly rode what I thought was the local train. I was just 2 stations away from my destination, but to my horror, I saw our house in the background from the speeding train, and it took what felt like forever before it stopped! 

                      Waiting…

  1. Exploring places alone

I never thought I would enjoy exploring places by myself. Usually in the Philippines, I’d go with a friend in a mall. But our rest days are different here so I explore places on my own. Now, I love the idea of just sitting in the park alone , thinking about the life that was and secretly observing the couples around me.  

           Shinjuku Gyoen Park  

                  Yoyogi Park

どうしても、日本で暮らしていくには様々な面での順応と、ライフスタイルの切り替えが必要です。今回は私の日常がどんな風に変わったのかをご紹介しましょう!

  1. 健康的な食事をとる

これはコーラに別れを告げ、野菜を歓迎するということ!
フィリピンではお腹が空腹を告げ始めたなら、炭酸飲料を何杯も飲んだり、無心でジャンクフードを食べたりしなくちゃ1日を乗り切れません。私も夜中に揚げ物が食べたくって、ジョリビー(Jollibee)へ駆け込もうとしたものです。けれど今、私たちの冷蔵庫にあるのは溢れんばかりのお茶や野菜。どこへ行っても、キャベツや人参やキュウリがあるような感覚になります。よろしく、ヘルシーライフ!

お鍋を食べている時の、Sharmaineの幸せそうな顔。

キャベツこそ全て!

  1. 日本語

誰かがドアベルを鳴らしり、アパートの管理人さんか誰かと話さなくてはならない状況は、私たちにとって恐怖の種のようなものです。私はいつも、お話しする前にサッと「コンニチハ」や「スミマセン」と言う練習をしています。私たちは本当に、日本の人たちとコミュニケーションをとるのがどれほど難しいのかということを痛感しています。だから、基本の日本語を勉強し始めました。いやもう、これが本っっ当に大変なんです!

日本語めっちゃ難しい!

  1. 自動化された物に慣れる

おかしな話だけど、私は飲食店にある自動券売機がなんだか苦手なんです。それが理由でほとんど外食はしないし、したとしてもオーダーを取ってくれる店員さんがいるところを選んでいます。

  1. 電車に混乱

まさに昨日、私は間違えて急行電車に乗ってしまって、目的地とは12駅も離れたところに行ってしまいました。私は原宿ではしゃいだせいでグッタリしていたし、お腹も空いていたから、よく確認もせずに各駅停車だと思って乗ってしまって。目的地からたった2駅しか離れていないところにいたはずだけれど、ぞっとすることに、駆け抜けてく電車の中から私たちの家が置き去りにされていくのを見たんです。その電車が停車するまでの時間が、まるで永遠であるかのように感じました。

待ち時間…

  1. 一人で探検

自分が好んであちこちひとり歩き回るする日が来るなんて思ってもいませんでした。フィリピンであれば、普段は友人と一緒にモールへ行きます。でも日本での休日は勝手が違うので、自分一人で探検してみるんです。今では、公園で一人ただただ腰掛けて過ごすのも、人生について考えるのも、周りにいるカップルたちをこっそり観察するのも大好きになりました。

新宿御苑

代々木公園

 

Learning a Language|言葉を学ぶということ

※記事の後半に日本語訳があります

“Sumimasen! “Arigato!” “Chotto” “Ganbatte!”

These are some of the Japanese vocabulary words that I know. I never thought of learning another language particularly Japanese before I came here. Probably, the reason was because I was closed-minded to possibilities and assumed that working in another country was an impossible dream.

Is it necessary to learn another language?

Language is a form of communication. It differs from country to country, region to region, or even town to town. In the Philippines, there are more than 170 languages spoken. As a Filipino, I speak Leyte Cebuano (Leyteño) and Filipino (Tagalog), which is our national language.
Frankly speaking, I am not familiar with other languages in my homeland. I never bothered to learn them before just like Japanese. However, when I came to Japan and began to deal with my new life here, I started to realize the importance of knowing the language.

For example, reading and understanding signs, billboards, and warnings on the street and products or items displayed on a shelf in a department store.
Another thing is communicating with Japanese people like talking to a delivery man, requesting some documents to a staff in a municipality office, and even greeting passersby.
These are simple things but in my case, communicating with people in Japanese is undeniably difficult. “Difficult” is a common term used among students who are learning.
I always hear this one from my students who are learning English. Don’t worry! We are in the same boat.

Now, I am studying Japanese from scratch especially how to write Katakana and Hiragana characters. It is not easy, though. (It is like I am barehanded in the middle of nowhere but I am trying to fill it in.) I can imagine sticks from Katakana characters and curves from Hiragana characters. Sometimes, they are jumbled in my mind. One time, when I wrote them, everything went awry. I am just on the starting line but I feel it is already convoluted. Persistence is needed!

This experience is akin to learning English. It needs perseverance and it comes from within us. Then, learning is a step by step process. It has a starting point and it takes time to step on the finish line. It is may be different from person to person but that is how I take it.

Is it necessary to learn another language? Certainly, it is!

「スミマセン!」「アリガト!」「チョット!」「ガンバッテ!」

これは私が知っている日本語の一部です。ここに来るまでは、自分が外国語、特に日本語を学ぶことになるなんて思ってもいませんでした。おそらく、それは私が何かを実現することに消極的で、他の国で働くなんてありえないと決めつけていたからだと思います。

外国語の勉強って必要なのかな?

言語はコミュニケーションをとるための型です。それは国や地域、あるいは町によってですらも異なります。フィリピンには170以上の言語があります。フィリピン人の1人である私の場合はセブアノ語と、公用語であるタガログ語を話します。正直に言えば、私は自国の他地域の言葉にあまり馴染みがありません。日本語と同様に、そうした言葉をわざわざ学ぼうとしたこともありませんでした。ですが、日本に来て新生活を始めると、言葉を知っているということの重要性に気づき始めたんです。

例えば、道にある標識や広告、デパートの棚に陳列されている商品に書かれた注意書きを読んで理解するとき。他には、メインオフィスにいるスタッフからの受け取りサインを求めている配達員のような、日本人とやりとりをするとき。そして、通りすがりの人にあいさつするときでさえも、日本語が必要です。シンプルなことだけれど、私にとって日本語で意思の疎通を図るというのは、とんでもなく難しいことなんですよ。

「Difficult(難しい)」というのは学習をしている生徒たちがよく言うセリフ。私はこの言葉を、英語を学ぶ自分の生徒たちから散々聞いてきました。心配しないで! 私だって同じですよ。

今、私はカタカナやひらがなの書き方のような基礎の基礎から日本語を勉強しています。全然簡単ではないのですけれどね。(まるで何も持たずにへんぴなところにいるみたい。でも私はどうにかしようと努めています。) 私はカタカナから棒線を、ひらがなから曲線を連想します。時々、頭の中でごちゃごちゃになってしまう。前にカタカタとひらがなを書いた時、どの文字もガタガタに曲がってしまったんです。私はまだスタートラインに立ったところですが、すでにその複雑さを感じています。根気がいりますね。

これは英語を学ぶ経験と似たようなものです。何かを学ぶには忍耐が必要で、その忍耐は私たちの内側から出るものです。それから、学習は段階的なプロセスを踏んでいきます。必ず始まりがあって、ゴールにたどり着くには時間がかかります。人によって感じ方は異なるとは思うけれど、私はそう思っています。

外国語を学ぶ必要があるかって?もちろん、ありますよ!

 

“Am I deaf?” (Pronunciation is my Enemy)|「正しく聞き取れない」(なぜ英語の発音が難しいのか)

※記事の後半に日本語訳があります

For five years now, I have been teaching English to Japanese nationals, and I often get the question, “Am I deaf?”; and so, I silently ask “Are you?”.

Two years ago, I never had any answers to my students’ question, “Am I deaf?”, nor to my question, “Are you?”. As a teacher, it is quite frustrating for me not to be able to answer my students nor efficiently help them with their pronunciation. Hence, in my first blog, I would like to answer the long-been unanswered question.

The answer is a humongous “NO”! You are not deaf. It is not even your fault why pronunciation seems like a journey to impossibility. Everything is because of your first language (i.e. Japanese).

Above is a table showing some of the katakana characters with its corresponding alphabet base on how I hear Japanese people pronounce it. (Disclaimer: I am not an expert in the Japanese language). The highlighted characters are some of the sounds that intervene in your acquisition of the English pronunciation. According to experts, your native language interferes with how you perceive and pronounce the sounds in your target language. One way to overcome this problem is by knowing the differences of your language and your target language. Another way is by asking someone who can fluently speak and pronounce the sound system of your target language.


So, when you are not able to hear the differences between some sounds in English, never again ask, “Am I deaf” and never would I ask, “Are you?”.

私はここ5年ほど、日本人に英語を教えているのですが、生徒から「私って耳が悪いのかな?」と聞かれることがよくあって。その時、私は心の中で「そうなの?」と聞き返していたんです。

2年前、私はその質問に対する答えられずにいました。教える立場として、彼らが発音を学ぶための助けとなるべく、効率的に返答ができないというのは非常に心苦しいことです。今回、この私の初ブログでは、未回答にしていた質問へ答えていきたいと思います。

「耳が悪いのか?」に対する答えは、全くもって「NO」ですよ!あなたの耳は悪くなんてありません。発音が終わりのない旅のように思えるのもあなたのせいではなくて、全てはあなたの母国語(以下日本語)に理由があるのです。

上記は、私の耳で感じる、日本人がカタカナを発音するときの音をアルファベットと照らし合わせた一覧表です(注:私は日本語の専門家ではありません)。黄色で印をつけたところは、あなたの英語発音習得を難しくしている音です。

専門家によると、あなたの母語は、目標言語(あなたが学ぼうとしている言語)を理解したり、発音したりすることの妨げになっているそうです。この問題を解決する方法の1つは、あなたの母語と目標言語との違いを知ること。そしてもう1つは、あなたの目標言語を流暢に話し、発音できる誰かに話を聞くことです。

だから、音の違いを聞き取れなかったとき、「私は耳が悪いのかな」なんて聞かないでください。私も「そうなの?」なんて聞き返したりしませんから。

【毎週開催】エングリット 初心者向け説明会

エングリット 初心者向け説明会

エングリットでは、新宿にて毎週末に英語学習初心者向けの説明会を行なっています。

対象
・英語学習を全くしたことがない方
・過去に英語学習を挫折してしまった方
・中学・高校レベルの英語力の方
・TOEIC〜600点台の方

説明会を行うエングリット代表の渡辺自身、数年前に中学レベルから英語学習をやり直しました。

代表渡辺の経歴
2013年4月にフィリピンの語学学校サウスピークに英語留学。
留学当時:TOEIC LR 250点で中学レベルからの学び直し。6ヶ月の留学で705点までアップ。
留学後も英語学習を続けつつ、外資企業のシンガポールオフィスにて他国籍チームのSupervisorとして勤務。
2017年2月に日本に帰国しエングリット設立。

エングリット受講者の約7割の方は中学・高校レベルの参考書からスタートしています。
説明会では、初心者が実際に成果を出しているエングリットのカリキュラムや学習法の説明、初心者向けの参考書の紹介を行なっています。

参考記事(初心者の受講体験談):
3ヶ月でTOEIC315点アップ!働きながらの英語学習で中学レベルの英語力からTOEIC565点に
「スマホを捨て、英文法をやり直そう」3ヶ月203時間の学習で、TOEIC 110点アップ!英語力が上がる学習方法を体得したMinakoさん

英語学習初心者向けの説明会ですので、全く英語ができないという方もお気軽にご参加ください。
初心者向けの説明会の日程・申し込みはこちら