ソンブラド、医者へゆく

これ、全部飲むの?

私は自分が健康体だなんて思っていませんから、「病気になること」は、私がこの世で最も恐れているものリストへ堂々のランクインをしています。

ソンブラド、肌が荒れる

調子を崩すことは私にとって避けようのないことで、案の定、つい先日にもお医者へ行くことになりました。使った化粧品が合わず、アレルギーのようになってしまって。

症状が悪化して行く一方なので、検査のためお医者さんに診てもらうことにしたんです。

けれど、私は日本語なんてこれっぽっちも話せませんから、誰か通訳をしてくれる人が必要でした。

幸運にも、前職の生徒だった女性がたまたま仕事が休みだというので、付き添ってもらうことができました。急なお願いにも関わらず駆けつけてくれた彼女には、感謝してもしきれません。なんて心優しい人なのでしょう。

彼女だけでなく、実際は今回のことで色々と世話を焼いてくれた元生徒たちが何人もいたので、彼らにも感謝しています。本当にありがとう。

ソンブラド、受付に間に合わず

ちなみに、これが日本で診察を受ける初めての機会でした。やっと治療してもらえるという安心感があったというのもありますが、日本の診療所へ行って日本のお医者さんに診てもらうということにワクワクしていました。

付き添ってくれた彼女と私は待ち合わせ場所を決めていたのですが、お互い場所を勘違いしていて、集合するだけで40分もかかってしまいました。2人も同じ建物の違う場所でお互いを待っていたんです。

やっとの思いで受付へ行くと、既に午前診療の受付は終了していました。10分遅かった・・・。

午後診療の予約受付が午後3時から始まるというので、私たちはそのまま1時間待つことにしました。付き添いの彼女も長い時間待たなくてはいけないわけですから、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それでも、私たちは待ち時間でたくさんおしゃべりを楽しみました。

3時になって、そこからまた少し順番を待つと、 ついに受付の人が私たちへ声を掛けました。その女性は非常に親切に接してくれたのですが、如何せん私は彼女と直接意思の疎通ができません。代わりに付き添いの子が全ての質問に答え、必要な用紙への記入も手伝ってくれました。

ソンブラド、診察を受ける

そこから待つこと数分、私たちは診察室へと呼ばれました。非常に素早く手際よく案内されたものだから、文句のひとつも出ませんでした。

私を担当してくれた女医さんはとても優しくて、付き添いの子も同じように感じていたようです。

何度も言いますが、付き添いの子が全て代弁してくれたので、私は診察の間中は全く喋りませんでしたよ。ルームメイトのAnnaが私の症状や体調を詳細に訳してくれる人を探してくれたので、本当に助かりました。ありがたいことに、沢山の友生徒たちが協力してくれたんです。

ソンブラド、山ほど薬を処方される

診察が済んだ後は、処方された薬を受け取りに薬局へ向かいました。そこには何人もの薬剤師さんがいて、処方箋に従って準備をしています。

自分が薬を受け取る番が回ってきたのでカウンターへ行くと、びっくり!山ほど飲み薬が出ました!!

こんなに沢山の薬を処方されたのは生まれて初めて。まあ、ちゃんと回復するのなら、全然構いませんけどね。

 

どんなものにも必ず理由があって。もしかすると今回私が病気にかかったのは、古い友人に会ったり、新しいことを経験するためだったのかもしれません。

お洗濯をしよう!〜さよなら、私のくさいジャケット〜

洗いたての洋服はいい香りをさせていたいけれど、私は洗濯が好きではありません。

私の服、なんかくさい。

この秋、私は洗濯物担当のルームメイトであるShereeに、何度もTシャツやジャケットの匂いのことで文句を言っていました。

「どうして私のジャケットの袖、こんなにくさいの?」

「変な匂いがしてるし、もう一回洗ってよ」

「こんなくさいシャツ着られない!」

ほぼ毎日、シャワーのあとに洋服の匂いのことで不満を言い続けていると、Shereeは「やめてよ。あなたが文句ばかり言うから、洗う気が失せるじゃない。」と言ってきました。

けれどこの共同生活においての洗濯物は彼女の仕事ですから、彼女も結局は私の不満にも我慢しなくてはなりません。笑

なんだかんだで洗い直してくれるSheree姉さん

そのうち、私のにおう洋服を何度も何度も洗い直しているShereeがなんだか気の毒になってきて、ついに私もいくらかは自分で洗うことにしました。それに合わせて、いつもの洗剤と柔軟剤も追加で購入。

お店で購入する際、それが洗剤なのか・柔軟剤なのかを確認したとき、店員さんは確かに「そうですよ」と言っていました。でもなんとなく、彼女が私の質問を理解している気がしなくて、昔の私の生徒にメッセージで確認したんです。

ニセモノ

「これって洋服用の洗剤?洗濯洗剤なのかな?」「そうだよ!」

えーーーーーーー!こっちが洗濯洗剤ですって!

実は、Shereeはずーっと洗濯洗剤と柔軟剤を勘違いして使っていたんです!洋服の臭いの原因はこれかー!

ホンモノ

「じゃあこれは何に使うやつ?」「それは柔軟剤だよ」「ありがとう」

これでやっとあのイヤな臭いとはオサラバ。

明日から私の洋服はいい香りに包まれるはずです!

愚痴や言い訳で終わらせない!今できることをやる勇気

今朝、Facebookで繋がっているとある知り合いが政治的なことに関して不満をこぼしていました。

延々と文句が続く長〜〜〜い投稿

それは「友達から外す」ボタンに手が伸びてしまうほどで、もううんざり。読むのを途中でやめてしまいました。

ネガティブな感情に捉われてしまうことは、もちろん誰にでもあります。けれど、今回のような状況では、私の心の声がこうささやきます。

「それで、あなたはその状況から抜け出すために一体どんなことをしたの?」

私もその投稿をした人のことで愚痴を言っているので同罪ですね。

ただ私の場合は、今の状況を少しでも良くするために、Facebookの友達欄から彼のアカウントを外しました。

誰でも辛いことから目を背けたくなる。でも・・・

私もよくだらだらと先延ばしにした物事に追い詰められて苦しむことがあります。運動が良い例ですね。

「今日は雨だからむり」「寝坊しちゃったし」「眠くてたまらない」だとか、適当な言い訳をつけてはいつもやるべきことから逃げてしまいます。

そして1ヶ月もすると、今度はお腹についた立派なお肉に文句をつけ始めるのです。あなたが英語学習に対して文句を言うときみたいにね。

あなたも「勉強時間があまり取れないから」「仕事で忙しいから」なんて言い訳を並べて勉強をしないで、いざ実際のTOEIC試験では「会場のCDプレーヤーの調子が悪くてさ、全然音が聞こえなかったんだよ」なんて愚痴を言うんでしょう?

でもね、そのCDプレーヤーはちゃんと正常に作動していたと思いますよ。

自分を変えられるのは自分だけ

こんな風に気持ちが楽な方へ楽な方へと流れてしまわないように、私はまだ処理できていないことや、現状を打破するためにできることを常に考えるようにしています。

最近は、朝起きたらまずストレッチをして、それから何分かエアロビクス体操をするようにしました。そのうちアイアンマンになってしまうかも!

なんてね、冗談です。でも、もしかしたらもしかするかも。

したこと、できること、すべきこと

さあ、このブログを読んでいるあなたたち!

もし何か身の回りの出来事に不満があるのなら、まずは自分の心に問いかけてみてください。

「あなたはその状況を変えるために、今日は一体どんなことをしましたか?」

私の黄金期〜子供でいられるってスバラシイ!〜

笑顔のかわいい女の子

人生で最高の時期はいつだと思いますか?

誰もが経験してきた、経験している、そしてこれから経験する、様々な人生の段階。私が知る限り、人の一生は12かそれ以上のライフステージがあるといいます。

どのライフステージも等しく大切ですが、あえて選ばせてください。私にとっては、3-11歳の子ども時代が黄金期でした。理由は次に述べた通りです。

1.子どもは誰でもビッグドリーマー

子どもたちの夢や目標には際限がありません。たとえ今どんな状況や立場にいようとも、彼らは打ちひしがれたりしません。

彼らにとってはどんなことも大した問題ではなくて、自分を取り囲む環境が彼らの可能性を狭めてしまうなんて微塵も考えていないのです。そして彼らは、自分たちの夢を語ることに誇りを抱いています。

このくらいの年齢になると、子どもたちは将来何になりたいのかという夢を既に持っています。

昔、2人の子どもたちに将来の夢は何かと訪ねたことがあります。彼らは何のためらいもなく質問に答えました。

「コックさんになりたい!」「船乗りになりたい!」

2.子どもたちの辞書に「困難」の文字はない

子どもたちはいつだって笑顔を絶やしません。彼らには「困難」なんて概念がありませんからね。

友達と遊ぶだけでも十分幸せ。それが彼らの人生の過ごし方なのです。

子どもたちの幸せは無垢でシンプルで、偽りのないものです。彼らからしてみれば人生はとても簡単なようで、彼らは思うままに遊んで1日を生きています。

3.人を嫌うことは性分に合わない

子ども同士の喧嘩はよくあることですが、最後にはちゃんと仲直りをします。

これをよく考えてみると、子どもたちは個人的に他の子を憎んだり嫌ったりすることはないということでしょう。

彼らは余計なことを心のうちにしまいこむことはありません。だから、仲直りをするのに「ごめんね」と言うことができたなら他には何も必要なくて、またケンカ相手と一緒に遊ぶことに気まずさを抱くこともないのです。

4.子どもは”面白いこと発生機”

子どもたちが面白いことや予想外の何かをつくったり、したり、表現する時は大抵、笑いを巻き起こします。

洒落のきいた冗談を言った時だとかにね。

子どもって本当に陽気でにぎやかで、大人は時にその騒がしさに堪えかねて叱りつけることもあります。そんな時、子どもたちはほんのちょっとだけ言うことを聞いて、しばらくするとまた騒いでわめいてふざけまわります。

5.ご機嫌ななめの泣き虫ベイビー

子どもが泣く時、大声をあげます。周りに人がたくさんいるとかいないとか、そんなこと彼らには関係ありません。彼らは思ったこと感じたことをありのまま表現します。

そんな時は甘やかしてあげると、すぐに大人しくなります。飴やチョコレート、なんでもかまいません。何か甘いものでも与えてあげたなら、笑顔を見せてくれることでしょう。

6. なんでも話してくれるストーリーテラー

子どもたちはいつでも面白い話を持っています。

そうした話はもちろん非常に子どもじみているのですが、彼らが語り手になると、例えようのない趣がでてくるのです。

また、彼らは知りたがりで、答えに困るような賢い質問を数え切れないほど投げかけてきます。けれど、子どもたちが物事を深く考えるというのはよいことだと思います。

 

子どもでいるってすばらしい!

私は子ども時代が人生で最高のライフステージだと言い切れますよ!

日本の気温が冷蔵庫すぎる〜弱る私と干し魚〜

まあ、なんて素敵な眺めなの!

なーんにも見えません。

なかなか慣れない日本の寒さ

日本に来て6週目になりますが、今住んでいるアパートの窓ガラスが曇るものだから、朝目を覚ますと「ここは天国なのかしら?」と錯覚してしまいます。

日本は日毎に寒さが増していきますね。まるで日本自体が大きな冷蔵庫で、私がその冷凍庫にいる気分。

幸いにも、今のところは風邪を引いたりはしていないのですが、これはきっと毎食キャベツとにんじんを食べてるおかげね。

キャベツとにんじんたっぷりのお鍋。

にんじん食べれば万事OKだと思ってたのに・・・

風邪は引いていないけれど、とある日、寒さに震えていると顔がかゆくなってきて・・。はじめはニキビかと思ったけれど、実際は発疹でした。そこからかゆみはどんどん悪化していきます。

ここで初めて、私はお昼に食べた干し魚にアレルギー反応を起こしたのだと気付いたのです。

私の救世主!

アレルギーがひどくなっていくので、近くの薬局で日本の抗ヒスタミン薬を買いました。(この時私の顔は赤みでトマトのようになっていたのですが、店員さんは効きそうな薬を探すのに苦労していました。)

次第に首や顔は感覚がなくなり、首や腕、胸まで発疹が広がりました。お母さん、助けて!フィリピンに帰りたい!

「日本=健康」の発想は短絡的過ぎた

フィリピンにいる時よりももっとずっと健康的な食事をしているのに、どうして日本に来て病気になってしまうの?

フィリピンでジャンクフードや脂っこいものばかり食べていたけれど、こんな症状になったことなんてありません。フィリピンはほこりっぽいけど、こんなにニキビができたこともありません。

どうして?どうしてなの??

フィリピンにいた頃の方が健康だった(しみじみ)

私はフィリピンで病気になることなんて滅多にありませんでした。なるとしても、年に1度だけ。フィリピンにいる頃は入院したことだってありません。

サウスピークから提供されていた医療保険だって全然使ってない。確かにアレルギー症状が出たこともあるけれど、日本でのものほどひどくありませんでした。

日本に来たら病気をすることなんて絶対にないと思っていたけれど、ニキビに吐き気にアレルギーにと、真逆の状態になってしまいました。

皆さんも、病気には十分注意してくださいね!