“Am I deaf?” (Pronunciation is my Enemy)|「正しく聞き取れない」(なぜ英語の発音が難しいのか)

※記事の後半に日本語訳があります

For five years now, I have been teaching English to Japanese nationals, and I often get the question, “Am I deaf?”; and so, I silently ask “Are you?”.

Two years ago, I never had any answers to my students’ question, “Am I deaf?”, nor to my question, “Are you?”. As a teacher, it is quite frustrating for me not to be able to answer my students nor efficiently help them with their pronunciation. Hence, in my first blog, I would like to answer the long-been unanswered question.

The answer is a humongous “NO”! You are not deaf. It is not even your fault why pronunciation seems like a journey to impossibility. Everything is because of your first language (i.e. Japanese).

Above is a table showing some of the katakana characters with its corresponding alphabet base on how I hear Japanese people pronounce it. (Disclaimer: I am not an expert in the Japanese language). The highlighted characters are some of the sounds that intervene in your acquisition of the English pronunciation. According to experts, your native language interferes with how you perceive and pronounce the sounds in your target language. One way to overcome this problem is by knowing the differences of your language and your target language. Another way is by asking someone who can fluently speak and pronounce the sound system of your target language.


So, when you are not able to hear the differences between some sounds in English, never again ask, “Am I deaf” and never would I ask, “Are you?”.

私はここ5年ほど、日本人に英語を教えているのですが、生徒から「私って耳が悪いのかな?」と聞かれることがよくあって。その時、私は心の中で「そうなの?」と聞き返していたんです。

2年前、私はその質問に対する答えられずにいました。教える立場として、彼らが発音を学ぶための助けとなるべく、効率的に返答ができないというのは非常に心苦しいことです。今回、この私の初ブログでは、未回答にしていた質問へ答えていきたいと思います。

「耳が悪いのか?」に対する答えは、全くもって「NO」ですよ!あなたの耳は悪くなんてありません。発音が終わりのない旅のように思えるのもあなたのせいではなくて、全てはあなたの母国語(以下日本語)に理由があるのです。

上記は、私の耳で感じる、日本人がカタカナを発音するときの音をアルファベットと照らし合わせた一覧表です(注:私は日本語の専門家ではありません)。黄色で印をつけたところは、あなたの英語発音習得を難しくしている音です。

専門家によると、あなたの母語は、目標言語(あなたが学ぼうとしている言語)を理解したり、発音したりすることの妨げになっているそうです。この問題を解決する方法の1つは、あなたの母語と目標言語との違いを知ること。そしてもう1つは、あなたの目標言語を流暢に話し、発音できる誰かに話を聞くことです。

だから、音の違いを聞き取れなかったとき、「私は耳が悪いのかな」なんて聞かないでください。私も「そうなの?」なんて聞き返したりしませんから。