LEARNING WHILE TEACHING|教師は生徒から学ぶ

※記事の後半に日本語訳があります

Teachers do not just teach, but also learn. Cliché, right? However, it’s true.

For me universities do not produce educators; students do. Do you agree with me?

Aspiring teachers learn and memorize idealistic theories of teaching. However, in practice all these theories are useless. What matters most is the teachers’ goal to let their students acquire the knowledge that their student’s want; to the extent of bending the ideals which they learned at the university. This goal fueled them to make use of all the resources that were not taught at universities but were provided by their students’ drive to learn. This learning through experience lasts longer than the learnings in the university.

Learned students produce learned teachers and vice versa. Having a student with the motivation to learn English makes teachers want to strive hard and make a better version of themselves; moreover having a student with a goal gives teachers a purpose of why they are teaching. Students teach teachers things that are not taught at any prestigious universities. Hence, teachers learn more while teaching.

教師はただ教えているわけではない、学んでもいる。ありきたりな言葉だと思いますか?でもそれはまぎれもない真実です。

私は「大学が教育者を生み出しているのではない、生徒が生み出しているのだ」と考えています。あなたは私の意見に頷けますか?

意欲的な教師は教育に関して一般的に理想と言われる理論を学び、暗記します。けれど実際の現場で、このような理論は役に立ちません。
教師としての最も重要な目標は、生徒に欲している知識を得てもらうことで、大学で学んだ教育の理想に従うことではありません。
この最も重要な目標を達成するために利用するのは、大学で学んだ「一般論」ではなく、生徒に教えている時に得た「気づき」の方です。「経験から学ぶ」ということは大学の講義よりもさらに長く続くことになります。

よく学んだ生徒が博学な教師を作る、その逆もまた然りです。英語を学ぶことに熱心な生徒を持つことは、教師に、「もっと一生懸命頑張らなきゃ、もっと成長しなきゃ」と思わせます。さらに、目標のある生徒を持つことは教育の目的を与えてくれます。生徒は教師に一流の大学でさえ教えてくれないことを教えてくれます。故に「教師は生徒から学ぶ」なのです。