失われゆく言葉 | The Dying Language

どこかで使われていたはずの言語が消えてしまうって、考えたことがありますか?

ナショナルジオグラフィックによると、14年に1つというペースで言語が失われているそうです。あなたには関係ないって思うかもしれないけれど、他の誰かにとっては重大なことだったりします。

セブに移り住んだ部族”アティ”、彼らの現在

フィリピンには”アティ” (“アイタ”とは異なります)と呼ばれる部族が存在します。彼らは元々、フィリピン北部にいた部族です。しかし、部族民に読み書きができる人がいなかったために、彼らはだまされ、土地を奪われてしまったのです。

この出来事がきっかけで、部族のうち10名がセブ島へ辿り着くまでの間、土地を持たない海の放浪者となることを余儀なくされました。彼らは2000年からセブに定住し、10人しかいなかった部族民も100人まで膨れ上がりました。

現在浮上している問題点は、彼らの若い世代はセブで学ぶことでセブアノ語を習得し、アティ語を習う機会がないため、部族の中でもオリジナルの言語を話せる人が5人しかいないということです。彼らの若い世代にとって、本来の言葉を「おかしい」「変だ」と思うような人たちがいる土地で今日をうまく生きていくには、現地の言葉を覚える他ないのです。セブアノ語を話せないだけでいじめの対象となることも少なくありません。

部族長はアティ語存続のために奮闘しています。けれど、一体どうやって!?

失われつつある言語と救いの手

アティ族は故郷と切り離され、今ではセブ島が彼らの留まれる唯一の場所です。

セブ島が彼らに住む土地を与えますが、彼らを彼らたらしめる存在である言葉をじわりじわりと奪っていくこの土地に、彼らはこのまま暮らし続けていくのでしょうか。

とある研究チームは辞書を作ることでアティ語保存の手助けをしています。下記はその辞書の一例です。

どこかの言語が失われていくのを何もできずに見ているのは心が痛みます。ある意味で、私たちそのものがこの悲しい事態を引き起こしていると考えるだけで苦しくなります。アティ語との出会いを心に留めておくことで、私は自分の言語を大切にしようという気持ちになります。

言葉は”アイデンティティ”

私は英語教師をしていますが、私の仕事は英語を教えるということだけでなく、生徒に彼らの母国語を大切にするよう促すことでもあると思っています。私たちの母国語というのはある種のアイデンティティです。

このグローバル社会で生き残っていくために英語を学ぶことは必要ではありますが、私たちの一部である言葉を失ってしまうようなことになるのであれば、それはもはや無意味な行為となってしまうことでしょう。



Do you know that language dies?

According to NatGeo (National Geographic), one language dies every 14 days. You might not feel its effects, but some people do.

There is a tribe in the Philippines called “Ati” (They are not the same with the “Aeta”). Originally, they are from the northern regions in the Philippines. However, since all the tribesmen don’t know how to read and write, they were tricked, and their land was stolen. Because of this, ten members of the tribe were forced to become sea nomads, until they reached Cebu island. They have been living in Cebu since 2000, and from ten their population increased to about a hundred.

The problem now arises, only five people know how to speak it because the present generation is studying in Cebu; thus they acquire Cebuano language, and they did not learn the Ati language. It is the present generation’s way of surviving in an area who thinks that they sound funny and strange when they use their own language. Some of them were even bullied every time they do not speak Cebuano.

The chieftain struggles to keep the Ati language alive. BUT HOW?! The tribe was ripped off their homeland, and Cebu is the only place they have. This is the place that gives them shelter, but can they still stay in a place which is slowly robbing them of the only identity they have?

A research team helped preserve the Ati language by making a dictionary.Below is a sample.

It is heartbreaking to witness a language slowly dying. It is painful to think that in some ways we are part of the reason why it is happening. Remembering my encounter with the Ati tribe makes me cherish my own language. I am an English teacher, but I think part of my job is not only to teach English but also to remind my students not to forget their native language. Our native language is our identity, though we need to learn English to survive; however, I think our survival is meaningless if we let a part of us die; our language.

The following two tabs change content below.
Sharmaine

Sharmaine

EngritEnglish Teacher
I started working at Engrit as an ESL teacher last September 4, 2017. This is the third ESL school that I have worked for ever since I started teaching in 2012. I have a Bachelor's degree in Arts major in English-Language. Currently, I am studying Master in Education major in English as a Second Language.