日本の気温が冷蔵庫すぎる〜弱る私と干し魚〜

まあ、なんて素敵な眺めなの!

なーんにも見えません。

なかなか慣れない日本の寒さ

日本に来て6週目になりますが、今住んでいるアパートの窓ガラスが曇るものだから、朝目を覚ますと「ここは天国なのかしら?」と錯覚してしまいます。

日本は日毎に寒さが増していきますね。まるで日本自体が大きな冷蔵庫で、私がその冷凍庫にいる気分。

幸いにも、今のところは風邪を引いたりはしていないのですが、これはきっと毎食キャベツとにんじんを食べてるおかげね。

キャベツとにんじんたっぷりのお鍋。

にんじん食べれば万事OKだと思ってたのに・・・

風邪は引いていないけれど、とある日、寒さに震えていると顔がかゆくなってきて・・。はじめはニキビかと思ったけれど、実際は発疹でした。そこからかゆみはどんどん悪化していきます。

ここで初めて、私はお昼に食べた干し魚にアレルギー反応を起こしたのだと気付いたのです。

私の救世主!

アレルギーがひどくなっていくので、近くの薬局で日本の抗ヒスタミン薬を買いました。(この時私の顔は赤みでトマトのようになっていたのですが、店員さんは効きそうな薬を探すのに苦労していました。)

次第に首や顔は感覚がなくなり、首や腕、胸まで発疹が広がりました。お母さん、助けて!フィリピンに帰りたい!

「日本=健康」の発想は短絡的過ぎた

フィリピンにいる時よりももっとずっと健康的な食事をしているのに、どうして日本に来て病気になってしまうの?

フィリピンでジャンクフードや脂っこいものばかり食べていたけれど、こんな症状になったことなんてありません。フィリピンはほこりっぽいけど、こんなにニキビができたこともありません。

どうして?どうしてなの??

フィリピンにいた頃の方が健康だった(しみじみ)

私はフィリピンで病気になることなんて滅多にありませんでした。なるとしても、年に1度だけ。フィリピンにいる頃は入院したことだってありません。

サウスピークから提供されていた医療保険だって全然使ってない。確かにアレルギー症状が出たこともあるけれど、日本でのものほどひどくありませんでした。

日本に来たら病気をすることなんて絶対にないと思っていたけれど、ニキビに吐き気にアレルギーにと、真逆の状態になってしまいました。

皆さんも、病気には十分注意してくださいね!