ストレスと向き合う

今の時代、ストレスは誰もが抱えうる問題のひとつです。

ストレスは社会人、学生、親、お年寄り、10代の若者さえも苦しめています。では、そうしたストレスの原因は一体何なのでしょうか。

経済的な問題、仕事量、勉強量、人間関係、締め切り、病気、家庭内の問題、などなど。世の中には数多くのストレスのもとがあり、そしてそれは時に、「うつ」という結果に導くことがあります。

ストレスが引き起こす、誰も望まない未来

「うつ」は非常に強い悲しみや絶望感、失意を感じさせる医学的疾患のひとつです。「うつ」に悩まされる人は年々増加しており、なかには自殺を招くこともあるそうです。

ストレスを発散する方法はたくさんあります。お買い物をしたり、ひとりで散歩をしたり、海へ行ったり、緊張をほぐしたり、旅行をしたり、飲んだり食べたり。

私も手を焼くような事に遭遇するとストレスを溜め込みやすい方なのですが、以下で紹介することを通してストレスを軽減し、乗り越えています。

1.よく眠る

私にとっては睡眠が一番のストレス改善方法です。長い睡眠時間さえとれれば、次の日には元気になります。

眠ることで、気分を落ち込ませるような悩みや不安を軽減させているんです。

また、睡眠はネガティブな気持ちから脱出し、適切な問題解決を見出す方向へ気持ちを切り替えるための最も重要な時間です。

2. 相手を信頼して苦しみを打ち明ける

私はネガティブな気持ちを他の人に感じさせたくなくて、問題を抱えている時でもついそのことを隠してしまいます。自分が最悪の事態を経験していると他人に知られたくないという部分も少なからずあるんでしょうね。

こんな性格なので、私はできる限り誰の助けも得ることなく、自分自身で問題を解決するようにしています。しかしどれほど自分が努力しても、ひとりではどうしようもないこともありますよね。

そんな時には、負担や苦しみを誰かに打ち明けることがストレスを軽減する第一歩になります。肩の荷が下りたように感じますよ。

もしそれで腹心の友が慰めてくれたなら、私にはそれで十分なんです。ポジティブな気持ちが湧き出てきて、自信を取り戻すことができます。

3. ドラマや映画を観る

ドラマや映画は、現実を忘れさせてくれます。その物語やアクションに意識が集中しますからね。次のシーンがどうなるかということで頭はいっぱいです。

それに、サスペンス映画かホラー映画を観ていると、私の人生で起こることなんてちっぽけで、簡単にどうにかできてしまうように思えてしまいます。

4. 家に帰る

我が家に代わる場所はどこにもありません。家は心を癒すに最適な場所です。

家族と話をすることで、気持ちが和らぎます。家族の声を聞いたり、おしゃべりしたり、一緒に過ごしているだけでも、前に進むには十分な元気をチャージすることができます。

自分の心の声に耳を澄ましてみて

誰一人として、ストレスから逃げることはできません。ふとした時にやって来て、ある時に去っていく。時には長い間あなたを苦しめることもあるかもしれません。けれど、それはどうあがいても消し去ることはできないものです。

人はみんな、ストレスを和らげるために異なるアプローチをしています。だからあなたも、自分に合う方法を探しましょう。そうすれば、つらい出来事の先にある出口を、必ず見つけることができるから。