心の底から感謝を込めて

私たちは、私たちが日本で生きていくために色々と世話を焼いてくれる知人友人に恵まれて、本当に幸せだと思います。

現地の人に勝る者なし

彼らは日本のことならなんでも知っていますから、写真のやりとりのように、困った時はいつでも彼らに聞いて、助けてもらっています。

Ryujiくん、これって白い洋服しか使っちゃダメなやつ?それとも色付きの洋服にも使えるの?」『それは普通の洗剤だから大丈夫だよ』

「ところで、冬に洋服を乾かすためにドライヤー使ってる?外に干してもあんまり乾かなくて。」『その問題に直面するのは初めてだね。』「そうなの。うちの洗濯機は乾燥機能が付いてないしさ。」

お願いが悲劇を生むことも

Sharmaineがエングリットの学習アドバイザーである柴田さんに、フィリピンでバナナケチャップを買ってきてほしいとお願いすると・・・

なんとそのうちの1本がスーツケースの中で割れてしまったのです。(フィリピンのケチャップは瓶に入っているものが多いんですよ。)

『1本だけ生き残った。』「いやあああああああ!」『もはや血だよ、血』

『(スーツケースが台無しになって)泣きそうになった』「笑。ごめんなさいね、でもありがとう」

ちょっとした優しさが、私たちを大きく助けてくれる

日本語表示を英訳してくれたり

ポケットwifi探しに付き合ってくれたり

北海道からお菓子を送ってくれたり

私たちに会いに、エングリットまで来てくれたり

日本語の教科書を送ってくれたり

私たちがフィリピンを恋しがっているだろうと気遣って、カラオケつきのフィリピンレストランへ連れて行ってくれたり

他にも、アイスを買ってオフィスへ持って来てくれたり、アパートの湯沸かし器を直してくれたり、郵便局へ電話をしてくれたり、食事に誘ってくれたり、Shereeの病院へ付き添ってくれたりと、まだまだここでは紹介しきれないほどありがたいことがたくさんあります。

気にかけてくれる人たちがいるのは幸せなこと

何人もの友人が「日本でちゃんとやってけいけてるのか」「困ってることはないか」と心配してセッメージをくれることにも、心から感謝しています。

あなたたちの支えがなかったら、きっとこんなにも快適な暮らしを送ることはできなかったでしょう。

心の底から、私たちのこの気持ちを伝えたい!いつも本当にどうもありがとう!