エングリットの特徴

英語塾エングリットが想定している生徒の方々

エングリットが提供する学習カリキュラムは大きく分けて下記の方々に向けたものになります。

  1. 中学校、高校で学ぶ英文読解・英文法を1から学ぶ。英語学習を最初からやり直したい方
  2. TOEIC LR試験で600点、800点という高得点を”短期間”で獲得したい方

同時に、海外留学の準備、海外での生活を始めるために必要となる英会話能力を向上させるための学習を行います。

  1. 中学・高校で学ぶ英文法表現を使って英会話が出来るようになります。
  2. TOEIC LR試験に登場する英語表現を使って英会話が出来るようになります。

正しいことが実証されている学習方法だから、英語力が伸びる

エングリットではTOEIC試験が3ヶ月で”平均”200点以上伸びて、英会話もできるようになる、フィリピン留学・サウスピークの学習方法を、日本国内で実践・指導します。

(参考記事)日本初、語学学校史上初の成果!3ヶ月で「平均」TOEIC200点アップを達成

エングリットのカリキュラムを担う語学学校サウスピークは「成果が出る」ということで開校以来、フィリピン留学業界で常に注目され続けている、年間1,000名以上の日本人が留学する語学学校です。

このサウスピークでこれまでに十分な成果を収めている「正しい」英語学習法に従って、またサウスピークですでに有効性が確認された「適切な」英語学習教材を使ってエングリットではレッスンを行います。

正しい英語学習方法×適切な英語学習教材×英語学習をやり抜く=英語が出来るようになる

上記の「英語が出来るようになる」ための式は当たり前の考え方に思えるかもしれませんが、この式を実践できている人はほとんどいません。エングリットではこの公式を実践していきます。

以下、この一見簡単に思える式の実践がなぜ難しいのか、それぞれ順番に詳細を説明します。

正しい英語学習方法

エングリットではTOEIC LR試験で900点以上の点数を取得して、かつ英会話も出来るようになった人達の学習方法を身に着けてもらいます。※この学習方法はすでに語学学校サウスピークで効果を実証出来ているものです。

サウスピークでTOEICを400点、500点と伸ばした留学生たちの学習カリキュラムを、日本で働きながら学ぶ社会人のために再構成してエングリットでは提供致します。

(TOEIC295点⇒750点)高専出身のYutaさん、「中学英語すら理解できないという現実を直視する」半年間の留学でTOEIC750点到達!

(TOEIC405点⇒915点)「英会話もTOEICも両立できる!」半年間のセブ留学でTOEIC405点から915点まで伸ばしたShotaさんの体験談

適切な英語学習教材

本屋に大量にある英語参考書はどの本が自分にとって最適なのか、またどのように利用するべきなのか。まずここで躓く方が非常に多いです。エングリットではサウスピークですでに十分な効果が確認出来た英語参考書のみを採用します。

日本の大学受験やTOEIC試験向け参考書で定評のある英語参考書を使って学習するため、エングリットでは中学1年生レベルから学び直すことが可能です。

使用予定の中学・高校英文法の参考書。語学学校サウスピークですでに十分な定評のある教材です。

英語学習をやり抜く

英語学習において最も難しいのはこの「英語学習をやり抜く」ということかもしれません。世の中には無数の英語学習法、英語参考書教材があります。けれど、英語が出来る日本人が未だに少ないのは「英語学習をやり抜く」ことが出来ないからです。

エングリットが最も力を入れるのはこの「やり抜く」ためのサポートです。エングリットでは学習者一人一人に英語が出来る専属スタッフが付いて、英語学習をやり抜くための「LINEメッセージでのサポート」を毎日します。また、「週2回のマンツーマンレッスンによるサポート ※ライトコースは週1回」によって英語学習を継続させます。

エングリットでは短期間で英語力を伸ばすため、この英語が出来る専属スタッフは欠かすことが出来ない存在になります。

エングリット新宿オフィスのメンバー

エングリットを運営するスタッフ紹介

エングリットではこれまでに2,000人以上の日本人英語学習者に個別にカリキュラムを作成した、サウスピークの学習カリキュラム作成の総責任者である柴田浩幸 @HAL_J が日本で働きながら英語を学べる学習カリキュラムを提供します。

◆柴田浩幸 @HAL_J 著書「3ヶ月でTOEIC300点上げるフィリピン語学留学」と「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」

エングリット代表取締役の渡辺成明(写真中央)。語学学校サウスピークに留学することで数ヶ月でTOEIC250点から705点に伸ばしました。フィリピン留学後には、シンガポールの外資系企業で15人の多国籍チームのマネージャーとして働いていました。

上記2名の、英語学習に熟知しているスタッフが核となってエングリットを運営しています。

(次のページ)大人のための英語塾 – 『仕事を辞めずに英語力を高める』という選択肢