エングリットで採用している英文法参考書

他の英会話学校・TOEIC塾との違い

エングリットが他の英会話学校・TOEIC塾と異なる点を下記にまとめました。

駅前留学などの大手英会話学校との違い

エングリットで採用している英文法参考書
エングリットで採用している英文法参考書

エングリットでは英文法の指導を一から行います。一方、多くの英会話学校では英文法の指導が十分に行われていません。

「何ヶ月通っても、何年通っても、上級クラスに行けない。簡単なことしか話すことが出来ない。」

このように英会話能力が伸び悩んでいる方がやるべきことは「英文法の学習」です。英文法で分からない内容をそのままにしているから、いつまで経っても簡単な、初級レベルのことしか話せないのです。

「英文法の学習」には「地道な学習」「適切な学習カリキュラム」が必要です。この2つの必要条件を満たす学習カリキュラムを提供出来ている英会話学校はきわめて稀です。そのため、英会話学校に通って、ちゃんと英会話が出来るようになった人の話はほとんど聞いたことが有りません(みなさんの周りには英会話学校に通って、英会話がちゃんと出来るようになった人はいますか?)。

エングリットでは多くの英会話学校が避けて通るこの『英文法の学習』をしっかりと行います。英語が苦手な方向けに、中学英文法・高校英文法という、英会話能力が上級に到達するために必ず抑えておかなければならないことを学習してもらいます。

大人が英文法を学び直せる場所が日本にはない

特にこの英文法の指導がエングリットの大きな特徴です。現在の日本においては大人が英文法を学び直せる場所が有りません。

英文法を学ぶには大学受験予備校が良いかもしれません。しかし、大学受験予備校で学ぶ内容は、学生向けのアカデミックなものです。ビジネス英語を習得したい大人向けでは有りません。

また、いい歳の大人が10代の学生達に混じって英文法を学ぶ直すというのは、なかなか精神的なハードルが高いのではないでしょうか。

だからこそエングリットでは「英文法が分からずに英会話能力を向上させることが出来ない」「TOEIC LR試験の参考書が理解出来ない」、こういった方々に向けて、英文法レッスンを提供しております。

【中学英文法から学び直す場合】

中学英文法で学ぶ代表的な表現を下記にまとめました。エングリット受講生はこれらの表現を暗唱して、英会話で使いこなせるようになってもらいます。

なお、本当にゼロから学習をやり直す初心者の場合は、アルファベットの書き取り、Be動詞の使いわけ(isとare)、一般動詞の使い方といった、最初の最初から学びなおすことが可能です。

【エングリットで使いこなせるようになる中学英文法の英文一覧】
(依頼表現)Can you play the piano for me?
(受動態) He is known as a great scientist.
(現在完了) How long have you been here?
(関係代名詞+現在完了) The bus that goes to the station has just left.
(疑問視 where) Do you know where she is?

【高校英文法から学び直す場合】

大学受験時に英語があまり得意でなかった方、また英語学習をしばらくしていなくて英文法についてすっかりと忘れてしまった方は高校英文法からやり直します。下記にエングリットのレッスンで使用する代表的な英文一覧を紹介します。※このレベルが難しいと感じた方は中学英文法から学習をやり直していただきます。

【エングリットで使いこなせるようになる高校英文法の英文一覧】
(第4文型SVOO)Please tell me the way to the station.
(第5文型SVOC)He doesn’t leave his room messy.
(過去完了)He had struggled for years before his dream finally came true.
(受動態)He was taught nothing about his job by his boss.
(分詞構文)Seen from the top of the mountain, the city was full of buildings.
(独立分詞構文)Weather permitting, we will go on a picnic this weekend.
(仮定法過去完了)If he had refused our invitation, that party would have been boring.
(強調構文)It was yesterday that I went to Shibuya for shopping.

エングリットのレッスンでは高校英文法で登場する易しめの英文は暗唱してもらいます。

上記の英文であれば、” He had struggled for years before his dream finally came true.”までの3英文は暗唱し、英会話でも使いこなせるようになってもらいます。

ここまでが大手英会話学校との違いになります。次は最近増えているTOEIC塾との違いになります。

TOEIC塾との違い

エングリットの学習カリキュラムは「聴く・読む・話す・書く」の4技能全てを伸ばす学習カリキュラムです。一方、多くのTOEIC塾はTOEIC LR試験の点数を上げるだけです。

多くのTOEIC塾では「聴く・読む」ことだけは出来るようになりますが、「話す・書く」ことは出来るようになりません。

TOEIC LR試験で900点があるけれど、英会話は全然出来ない。

『TOEIC LR試験の対策を頑張っても英会話が出来るようにならない』は事実です。これはSpeakingの練習をしていないのですから当然です。そして、日本のTOEIC塾は基本的にSpeakingの指導は行っていません。

一方、エングリットではSpeakingとWritingの指導を行います。だから英会話と英作文も出来るようになります。

「TOEIC LR試験の点数は高いけれど、英会話が全然出来ない。」という残念な状態にはなってほしくないと考えて、エングリットでは学習カリキュラムを作成しています。

英会話に関して補足すると、英会話能力はPart1~Part4のListening Partを使用して伸ばします。例えば下記の英文中にある下線が引かれている英語表現を自分自身でも使いこなせるようになってもらいます。

【下線が引かれている表現が実際の英会話でも使いこなせるようになります】
(Part2)How well does Thomas play the violin?
(Part3)I’m surprised to see you at the front desk this late.
(Part4)Do keep your money and phones or other small electronic devices with you.

また、エングリット受講開始時点でTOEIC LR 600点以上の中上級者は、Reading試験のPart6, Part7に登場する英文を英作文で作成出来るようになってもらいます。

【英作文例1】(メールの冒頭)
Dear Harold,
Thank you for coming in to meet with me last week. I have given some thought of the topics we discussed…

【英作文例2】(強い口調での依頼)
Please have your staff look into this and turn in a report to my office no later than Wednesday.

このように4技能全てを伸ばせるのが、エングリットの学習カリキュラムの特徴です。

また、エングリットでは他の学校が全くやっていない「英会話に必要な発音矯正(脱カタカナ英語)」のマンツーマンレッスンをも行っています。エングリットでは英語学習に必要なことを全て盛り込んでいます。

(次のページ)アメリカ人の英語教師はお勧め出来ない