仕事を辞めずに英語力を高める

『仕事を辞めずに英語力を高める』という選択肢

エングリットのマンツーマンレッスン

特に28歳以上の方をエングリットでは顧客として想定しています。この年代の方々は、英語できないことに対して焦りがある方が多いです。

エングリットに通う生徒の方々から下記の理由を聞きました。

(飲食・旅行の会社)「日々の接客業務で、外国人のお客さんの数が目に見えて増えている。けれど、自分は英語が出来ないので、その対応が満足に出来ない。」

(製薬会社)「それまでは日本の会社だったが、外資系企業に買収されて、日本語が分からない上司が外国人になった」

(金融・保険業)「外資系企業に勤務していると、部長以上のポジションを狙うとなると、英語は必須。英語が出来ない自分の限界が見えてきた」

(メーカー)「日本の国力が落ちてきているのに、自分は日本語しか出来ない。このままだと縮んでいく日本市場でずっと仕事をしないといけない」

(小売・衣料の会社)「新入社員の英語力がどんどんと上がっている。自社が外国市場を積極的に狙っているのが伝わってくる。このままでは英語が出来ない自分は閑職に回されてしまう。」

私自身も日本の国力が落ちてきているのと、そしてまた若い世代の英語力が年々高まっていることを日々実感しています。

一昔前とは異なり、普通の大学の学生でも英語は出来ます。TOEIC LR試験で800点以上の点数を取っていることは決して珍しいことではありません。

いわゆる名門大学と言われる上位の大学であれば、TOEIC LR試験で800点を取ることは十分条件ではなく、必要条件の1つにしか過ぎないとみなされている大学も有ります。「英語を使いこなせる」ということはもはや「パソコンを使える」と同レベルくらいの、普通のスキルでしかありません。

また、TOEIC SW試験(Speaking & Writing)でも成果を出して、TOEIC試験の合計得点が1,200点という学生も登場し始めています(TOEIC試験の合計得点は実は1,390点なのです!)。

そういう優秀な若者たちが次々に社会に出ていくのを知っている方で、自分自身が英語が出来ない人は危機感が強いです。

働きながら英語を学び直せる機会を提供

エングリットではこういった焦りを持っている方々に向けて、働きながら英語を学び直せる、英語力を高められるサービスを提供します。

具体的には、受講生の方々には「毎日1時間」、仕事に出勤する前に勉強していただきます。

この朝の1時間の勉強時間を確保出来る方であれば、エングリットの学習カリキュラムをやり遂げることが出来ます。エングリットでは「ビジネスマンが働きながら英語力を高める」ことに最適化した学習カリキュラムを提供しています。

そうしましたら、「英語力の基礎」と「英語学習の正しい型」を身に付けて、近い将来に仕事で英語を使えるようになります。

現在すでに28歳以上の方へ

現在すでに28歳以上の方は「お金」か「時間」を短期間に集中的に投下する機会を意図的に作り出さないと、今後の人生において英語は出来るようになりません。仕事や家事に忙殺されて、そのまま英語が出来ない人生を送ることになります。

今後のキャリアを考えてみてください。これから先に30~40年働くとして、その間ずっと「英語から逃げ続けるキャリア」を選択するというのは、自身の可能性を大きく狭めることになります。英語から逃げ続けたくない方は、3ヶ月エングリットで英語学習を頑張ってください。

英語を使う人生を送りたい方は、英語塾エングリットという機会を活かして、人生の流れを変えて下さい。

(次のページ)他の英会話学校・TOEIC塾との違い