*
*
*
* *

記事一覧

* * * * *

エングリット研究所トッページ

 

エングリットの学習研究を一般向けに紹介

 

エングリット研究所は、英語を含む「英語学習・外国語学習の研究情報」を集めたWebメディアです。

新宿に拠点を置く、英語塾「エングリット」が運営しています。英語学習に役立つ研究書籍・公開データなどを、一般の方でも読みやすいように、要約・解説記事として紹介します。

 

現在、世界中の「効果的な英語の学び方」について、大学、研究機関が調査・分析しています。非英語圏の国を中心に「英語を学ぶ」為の研究は、日進月歩で進んでいます。

 

我々エングリットは民間教育機関として、これまでの経験主義を脱して「外国語(英語含む)の学習」についての、科学的エビデンス(根拠)を深めていきたいと考えています。

 

 

その為に、日々、研究書籍・データを元に学習のカリキュラム開発を行っています。当校のカリキュラム開発で用いた、エビデンス、データを一般向けに紹介します。皆様の英語の勉強に役立てて抱ければ幸いです。

 

経験主義とオカルトが蔓延する日本の英語学習業界

 

日本の英語学習の現場では、科学的なエビデンスを欠いた経験主義が蔓延しています。

その理由は、教育者の経験主義と、魔法のような方法論で搾取する商業主義にあります

 

「聞くだけで話せるようになる」

「大人でも、英語のまま学ぶと、英語が上達する」

「海外に住むと、自然に話せるようになる」

「俺は、この方法が良かった」

 

など、皆さんも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

芸能人が出ているテレビCMもありますよね。これらは、すべて科学的なエビデンスを欠いたストーリーになります。魔法のような方法で、かんたんに英語力が上がる。勘違いさす事で、騙して儲けようとしているのです。

 

近年、そのような英語教材、英語スクールは増えています。私たちは、個人的な経験よりも「科学的なデータ」を用いて、カリキュラムを開発しています。魔法のような方法論は無いですが、最も効率的に英語を学べる道を、研究しています。

 

外国語学習にも「科学的エビデンス」が存在する。

 

21世紀の現在「英語を効率よく学ぶ」為の研究は、日進月歩で進んでいます。世界中の大学、研究所で、優秀な研究者が「どのようにすれば、外国語(英語含む)を効率的に学べるのか?」を真摯に研究しています。

 

 

膨大な母集団を元に、統計的な手法で、文法、会話、発音、バイリンガル環境など、様々な分野が研究されています。

 

私たち日本人も学術的な裏付けのある「学習研究」を知ることで、効率的に英語を学ぶ事ができます。エビデンスの無い経験で語られる英語学習を続けるのは、非効率だと我々は考えます。

 

「赤ちゃんのように大人も学べ」

「芸能人もこれで話せるようになった」

「魔法のような教材」

 

などの作話を信じてはいけません。

 

エングリット研究所では、塾の科学的カリキュラムで個人の効率的な学習を応援します。同時に、メディア情報発信を通して「教育」を、医学や工学のような科学的エビデンスに基づいたレベルにまで、引き上げていきたいと考えています。

 

エングリット代表 渡辺成明