日本の電車は私が知っている誰よりも時間に厳しい

日本では、電車に乗ることが生活のサイクルに組み込まれていますよね。私も、皆さんと同様に通勤手段として電車を利用しています。

電車というのは実に利便性の高い乗り物ですね。特に日本では、時刻表通りに到着して、そして出発するんですから。

これは世界的に見れば、決して当たり前なことではありませんよ。非常にありがたいことです。こんな素晴らしいものがある生活に感謝しなくては。

「電車」という移動手段に感じる絶対的な安心感

以前、走ったものの1258分の電車に間に合わなかったことがあります。けれど、きっかり10分後には別の電車がやってくるとわかっていましたから、(少しはがっかりしたけれど)不安にはなりませんでした。

また、いつだったか運休が発生してしまった時も、対応は迅速でした。この手のトラブルはほとんど起こりませんから、乗客たちにとっての大きな障害となることは少ないでしょう。

セブといえば「ジプニー」

セブではどうかというと、「ジプニー」という小さいバスのような乗り物が最も一般的な交通手段です。

ジプニーは運賃が非常に安いので、一般市民に重宝されています。

しかし、日本の電車やバスと違って、ジプニーには決まった到着予定時間がありません。そのため、道が混み合う時間帯にジプニーを捕まえることは至難の技です。

それから、乗れたとしても中はいつも乗客でぎゅうぎゅう詰め。席にゆっくりと腰掛けて・・・というわけにはなかなかいかないでしょう。

日本のお客様対応

お客様のアイスを用意しながら歌う従業員たち

「いらっしゃいませ!」誰でも聞いたことがあるこの言葉。これは「お店へ足を運んでくれてありがとう」という意味ですよね。日本ではデパートやお店、レストランなんかの建物に入ると、必ずこの言葉で迎えられます。

従業員たちは大きな声で、この言葉を来店者へかける。彼らがお客様へ見せる礼儀正しさのひとつです。

高級店じゃなくても、サービスの質は◎

日本はそのサービスの良さで知られています。品質も完璧さも礼儀正しさも、まさにエクセレントです。

これは高級なレストランやホテルだけでなく、小売店などでも質の高いサービスが提供されているのですから、驚きですね。

私が見ていて気になったのは、お客様への対応です。

従業員たちはいつでも笑顔を欠かさず、お客様のためになることを進んで行います。まるで「お客様は神様」みたいにね。

フィリピンのお店ではちょっと違う、挨拶の習慣

フィリピンにあるとあるモールでも、先に述べたような来店者への声がけを行います。ただし、全く同じというわけではありません。

キリスト教徒の多いフィリピンでは、午後6時になるとお祈りをします。モールの従業員たちはそのお祈りの後、目の前にお客様がいてもいなくても「Happy shopping!(お買い物をお楽しみください!)」のように、決まった掛け声をするのです。

実際のサービスの質に関しては、お店によりけりですね。極上のサービスをしてくれるお店もあれば、価格帯相応のサービスのところもありますので。

街明かりは幸福のしるし

夜の明かりが灯れば、街が華やぎ、幻想的な世界を創り出す。

温かい光を目にすれば、誰でも明るい気持ちになりますよね。光はいつの時代も、幸せを運んできました。

煌々と輝く街。ふらりと歩き周らずにはいられない。

夜も眠らぬ新宿の街

私は新宿という街にあふれる光の虜になってしまいました。キラキラとした輝きが私の心を踊らせて、魅了するのです。

明かるく照らし出された色とりどりの文字が夜の街に浮かび上がり、その煌びやかな明かりが、幸せの前触れであるかのように思えてしまうのです。

辺りはサラリーマン、学生、 旅行客や外国人など、多種多様な人たちであふれています。写真にあるような人混みは、新宿では当たり前の光景です。

昼間の景色も素敵だけれど、夜の街並みにはとても敵いません。それはそれは本当に幻想的で、いくらでも眺めていられるほどです。

地区や街や国が発展・進歩していくと、それに比例するようにそうした土地は夜の輝きを増すと考えていたけれど、新宿は紛れもなくそのうちのひとつでしょうね。

私は子供の頃 田舎町に住んでいたので、新宿の街灯りには心底驚かされました。

巨大映像広告 スクリーンに映し出されるアーティストや役者たち

頻発する停電、一寸先は闇。フィリピンの田舎町

私の故郷は夜になると外では何も見えないほど真っ暗で、亡霊やこの世の者ではない何かを感じるようなところでした。つまりは、外に出るのが恐ろしかったんです。

それでもお月様が夜空に顔を出すと、地元の人たち(主に子供達)は安心します。特に満月の夜、私たちは外に出て「ムーンゲーム」をして遊びだすほどでした。お月様が見守ってくれているのでちっとも怖くありません。

それから、その辺りはしょっちゅう停電を経験していました。電気が復旧すると、私たちは心の底から安堵したものです。近隣住民たちが「やったあ」だとか「いえーい」だとか叫ぶ声が聞こえるくらい。

昔にスーパー台風が直撃した時は、電力回復まで1ヶ月かかりました。当時の夜はまるでゴーストタウンのようで、心細さや不便さを強く感じました。やっとの事で電気が回復した時の喜びは忘れられません。

身近にあるものが幸せのひとつだったりする

多くの人々が街の明るさを当たり前に感じているかもしれませんが、少なくとも私にとっては、とっても特別でありがたいことです。

ストレスと向き合う

今の時代、ストレスは誰もが抱えうる問題のひとつです。

ストレスは社会人、学生、親、お年寄り、10代の若者さえも苦しめています。では、そうしたストレスの原因は一体何なのでしょうか。

経済的な問題、仕事量、勉強量、人間関係、締め切り、病気、家庭内の問題、などなど。世の中には数多くのストレスのもとがあり、そしてそれは時に、「うつ」という結果に導くことがあります。

ストレスが引き起こす、誰も望まない未来

「うつ」は非常に強い悲しみや絶望感、失意を感じさせる医学的疾患のひとつです。「うつ」に悩まされる人は年々増加しており、なかには自殺を招くこともあるそうです。

ストレスを発散する方法はたくさんあります。お買い物をしたり、ひとりで散歩をしたり、海へ行ったり、緊張をほぐしたり、旅行をしたり、飲んだり食べたり。

私も手を焼くような事に遭遇するとストレスを溜め込みやすい方なのですが、以下で紹介することを通してストレスを軽減し、乗り越えています。

1.よく眠る

私にとっては睡眠が一番のストレス改善方法です。長い睡眠時間さえとれれば、次の日には元気になります。

眠ることで、気分を落ち込ませるような悩みや不安を軽減させているんです。

また、睡眠はネガティブな気持ちから脱出し、適切な問題解決を見出す方向へ気持ちを切り替えるための最も重要な時間です。

2. 相手を信頼して苦しみを打ち明ける

私はネガティブな気持ちを他の人に感じさせたくなくて、問題を抱えている時でもついそのことを隠してしまいます。自分が最悪の事態を経験していると他人に知られたくないという部分も少なからずあるんでしょうね。

こんな性格なので、私はできる限り誰の助けも得ることなく、自分自身で問題を解決するようにしています。しかしどれほど自分が努力しても、ひとりではどうしようもないこともありますよね。

そんな時には、負担や苦しみを誰かに打ち明けることがストレスを軽減する第一歩になります。肩の荷が下りたように感じますよ。

もしそれで腹心の友が慰めてくれたなら、私にはそれで十分なんです。ポジティブな気持ちが湧き出てきて、自信を取り戻すことができます。

3. ドラマや映画を観る

ドラマや映画は、現実を忘れさせてくれます。その物語やアクションに意識が集中しますからね。次のシーンがどうなるかということで頭はいっぱいです。

それに、サスペンス映画かホラー映画を観ていると、私の人生で起こることなんてちっぽけで、簡単にどうにかできてしまうように思えてしまいます。

4. 家に帰る

我が家に代わる場所はどこにもありません。家は心を癒すに最適な場所です。

家族と話をすることで、気持ちが和らぎます。家族の声を聞いたり、おしゃべりしたり、一緒に過ごしているだけでも、前に進むには十分な元気をチャージすることができます。

自分の心の声に耳を澄ましてみて

誰一人として、ストレスから逃げることはできません。ふとした時にやって来て、ある時に去っていく。時には長い間あなたを苦しめることもあるかもしれません。けれど、それはどうあがいても消し去ることはできないものです。

人はみんな、ストレスを和らげるために異なるアプローチをしています。だからあなたも、自分に合う方法を探しましょう。そうすれば、つらい出来事の先にある出口を、必ず見つけることができるから。

年下の人たちと働くということ

サウスピークにて、年下の仕事仲間たちと

社会に出たばかりのときは、私が社内で一番若かい部類だった。同僚や友人のほとんどが年上で、当時の私にとって、彼らの物事の考え方はとってもオトナに感じたものです。

結婚している人も何人かいて、中には身を固めて家族を持つ準備が整っているような人たちもいました。おしゃべりしたり一緒に出かけたりする時には、結婚生活や子供や将来計画といった、真面目な話を良くしましたね。

私たちはとても仲が良くて、今でも連絡を取り合っているんですよ。当時は「私も大人の仲間入りをした」と思ったものです。彼らから沢山のことを学びましたしね。

何年も一緒の時を過ごしたとある時期、私たちは別々の道を進むことになります。ある人は専業主婦、ある人は公立学校教員、そしてまたある人は家庭を持ち・・・。

私の選んだ道は、同じ業界内での転職です。こうして私のサウスピークライフは始まりました。

とにかく、みんな若い!・・・だけじゃない!!

サウスピークで働き出した頃は本当に驚きました。だって、ほとんどの講師たちが私よりも年下だったんです。陽気で、ちょっぴり騒がしくて、おしゃべり好きで、冗談ばかり言い合っているような人たちばかりでした。

「ああ、私たちは世代が違うのね。きっと私はあの子達とは仲良くなれないわ」。その環境はあまりにも以前のものとかけ離れていたため、そんなネガティブな考えが私の頭をよぎりました。

しかし、彼らの授業をしている様子が、私の考えを180度変えました。確かに彼らは若い。でも、同時に有能なのです。普段はおちゃらけているけれど、仕事となればしっかりと質の高い授業を提供していたんです。全く、素晴らしい講師たちです。

仲良くしたいけど・・・

それでも、彼らと親しくなるにはかなりの時間がかかりました。初めの方はみんなの前でどう振る舞うべきかわからず、距離を置いていたんです。

「お姉さんっぽくするべきかのか、彼らと同じようにするべきなのか・・・」

素の自分はどちらかといえば子供っぽくて、やかましくて、ふざけてしまうことだってあります。でも自分の年齢からしたらみっともないと思われるんじゃないかと考えたら、何もできなくなってしまって。

少しずつ打ち解けていく心

けれど、時間が経つにつれ、私は自分の幼い面を出すようになりました。

私と彼らとの間には、埋められない大きな差がある。そう思っていました。でも実際は全然そんなことなかったんです。彼らは私のことをまるで同年代の女の子のように接してくてれいます。そんな彼らと一緒にいることを私は存分に楽しんでいるし、同時に彼らからも多くのことを学んでいます。

彼らのおかげで、相手のことを誠心誠意理解しようと努め、積極性を持ち、自分本来の姿を恥ずかしがらずに表現することができたなら、誰かと仲良くなるのに年齢なんて関係ないんだって気づくことができました。

年齢の垣根を越えて

私は現在も自分より若い人たちと一緒に働いていますが、彼らと仕事をするのになんの問題も抱えていません。実際、そのうちの何人かは私の同僚であり、親しい友人でもありますしね。

私たちの信頼関係に、年齢は関係ないのです。