「LINEでの質問への素早い解答のお陰で、文法理解が捗った!」医学部の編入試験を受けるために英語学習を始めた看護師Kさんの体験談

K様 看護師
受講開始時:TOEIC LR 610点 (L:350 R:260)
受講の目的:医療関係の英語試験対策
受講期間中の学習時間:3か月で463時間

大学医学部への編入試験を受験のために英語力アップ

ー受講お疲れ様でした。まずは今回エングリットを受講された目的からお伺いできますか?

私は看護師として働いているのですが、今後医者としてのキャリアを考えるようになったため、大学の医学部編入のための勉強をしています。その中で、編入試験の受験資格として最低TOEIC680点、もしくはTOEFL60点以上を保有していなければいけません。

ー医学部の編入のためには、英語は必須なんですか?

そうですね。編入試験は英語試験が課されてない大学というのはありません。必ずその大学独自の英語試験を受験しなければなりませんし、その前にTOEFLかTOEICのスコアを提出を求められます。

大体、TOEIC600点、もしくはTOEFL50点くらいが最低みたいで。まずはそれ以上にしっかりTOEICの点数を上げて、他の受験生との差別化を図りたいと考えたんです。

さらに、英語試験では、アカデミックな内容の論文を読まなければなりません。それらを読めるようになるためにも、英語の基礎力を着けておこうと思ったんです。

そこで、TOEICやTOEFLの勉強を通して英語の基礎力を身につければ点数も上がって、一石二鳥ですし、エングリットでは中学校レベルの基礎部分から勉強させてもらえるということだったので。受講を決めました。

徹底した文法学習で文章の読み間違えが減り、英文を読むスピードが向上

ー受講を終えられて、現段階では英語力の伸びは実感されていますか?例えば、長文を読まれるといかがでしょうか。

まずは、英文を読むときの間違いは減りましたね。例えばTOEICの問題を解いていても、スミスさんがメール送ってるのに、スミスさんじゃない人のお話だと勝手に読み間違いしてしまうというのが以前はよくあったんです。

また、少しずつ英文を読むスピードも上がってきたように感じます。実際にTOEICのリーディングパートでももう少しで全問解き終われる!というところまでこれました。

ー英文を理解するスピードが上がっているんでしょうね。

そうなんですよね。徹底的に高校の英文法からやったおかげかなと思います。

ー担当トレーナーからも”最初の頃は品詞分解や、分法のミスが目立っていて、文法があやふやでしたが、段々とレッスン重ねるうちに自分でしっかり間違った部分を修正して正しく使えるようになった”と報告を受けています。

ありがとうございます。わからないところも多々あったんですが、わからない文法事項はすぐにLINEで質問させてもらったりしていました。そのようなところで文法をしっかり理解できる機会が多かったのも、英文を読むスピードを上げられた要因の1つだと思いますね。

1日の学習のタイムスケジュールなのですが、どういった時間に学習されていましたか?

大体1日4時間くらいですね。他の勉強などもやっていて、 1日7時間くらい勉強しているんですが、そのうちの4時間を英語学習に当てています。それで週末は6時間ほどです。

私は勤務形態が夜勤で、16時〜1時30分くらいまで働いて、午前2時くらいに帰宅します。そこからご飯を食べながらリスニングをしたり、お風呂に入りながら音読とかをしていました。

ーなかなかハードだったと思いますが、しっかり継続できていて素晴らしいです。

理解できない文法事項をLINEですぐ聞くことができ、文法理解が捗った。

ー実際に受講されてみてどのような点が良かったですか?

LINEでの進捗管理や、質問に応対してもらえるのはかなり良かったと思いますね。私は質問する回数がかなり多かったと思うんですが、とても早く返事が返ってきてすごく良かったです。

1日6つくらい質問を送ってしまった日もありましたが、数時間以内には返信がありました。それがすごく良かったですね。

さらに、ここで質問にしっかり答えていただいたお陰で、そこで立ち止まる事無くスムーズに英語学習を続けることができました。さらに英文法についての理解が深まりました。

例えば私は「ed」という文字が単語の語尾に付いてたら全部過去形で訳してしまっていました。しかし、このLINEでの質問を通して「ed」の形容詞もあるというのを初めて知ることができました。

ーそれは良かったです。

実は、私はエングリットを受講する前にA社(他社)のおなじようなサービスを受けていたんです。そこでは、エングリットと同じようにLINEで進捗管理をしてもらえたり、文法などを質問できるサービスを提供していました。

そこで、A社のLINEのサービスを利用してみたところ、こちらからLINEで質問をしてもすごい返信が遅かったんですね。残念ながら中には返信が来ない時もありました。

進捗管理もしてもらえるということでしたが、あちらから何か「宿題をしましたか?」といった催促のLINEが送られてくるというのも一切ありませんでした。

一方、エングリットではすぐに返信が来ますし、宿題を提出するのがいつもより少し遅れてしまったら「宿題忘れていませんか?」とリマインドのメッセージが届くんです。

もっとエングリットを早く知っていればと後悔しています。

英語学習を挫折した経験のある人にはエングリットはオススメ!

ー最後にエングリットはどのような方に合っていると思いますか?

特に「学習で一度挫折した経験がある人」には特に良いと思います。やはり「宿題やりましたか?」と発破をかけてくれますし、質問に対するLINEのレスポンスも早く、疑問をすぐに解消してもらえます。

一度英語学習を挫折してしまった人でも継続しやすい仕組みができていると思います。

毎日の学習サポートによって、学習の強制力が働いたことで学習が続けられたという方は多いです。インタビューへのご協力ありがとうございました!

無料説明会・体験レッスンを新宿で毎日実施中!

2ヵ月で英語の発信力強化!電話会議でのプレッシャー下で言いたいことを英語で話す力を磨いたA様


A様(左)と、担当トレーナーのSheree(右)

A様 外資系メーカー
受講開始時:TOEIC LR 825点
上級者向けSW&発音矯正プランを受講(6週間)

ー受講お疲れ様でした。まずは今回エングリットを受講された目的からお伺いできますか?

現在、外資系メーカーの技術部にて勤務しています。

海外の関連会社で働く開発部の方と、電話会議でやりとりをすることがあるのですが、「こうしてほしい」という依頼や、理由、詳細の説明などがうまく英語で話せなかったんです。

それに、話しても正しく聞き取ってもらえないというのもあり、改善したいなと思いました。それで発音やスピーキングを集中して期間を決めてできるところを探して、色々な英会話教室などの体験レッスンなどを受講して、最終的にエングリットに決めました。

ー具体的には、どういうやりとりが業務で行われていたんでしょうか?

たとえば日本とその国では法律が違うこと、だから技術の試験の違いがこうで、注意点はここで、背景としてこういうことがあるから、締め切りと優先順位は…などですね。出張のときにも、こういうやりとりはあります。

メールで事前にやりとりをした上で電話会議でわからないところを説明する、という流れで行われるので、そもそも複雑な内容を扱う必要があるんですよね。

出張の際は、話が通じなくて、現地の会社で日本人の英語に慣れている人を呼んでくれるとか、先方も仕事なのですごい歩み寄ってくれてなんとか成立するみたいこともありました。

ーむずかしい内容を英語で説明するというのが、そもそも大変そうですね…。

オンライン英会話であったり、英文添削サービスといったものも試したのですが、自分が本当に進歩しているのかよくわからなかったんですよね。目標を定められず、努力が継続しづらいなと感じました。英会話に慣れるにはいいとは思うんけどね。

そこでスピーキング、ライティングの実力を定量的に把握できるTOEICSWの試験を指標に勉強してもいいかもな、と。

そこで各社比較して、最終的にエングリットにたどり着きました。

継続した英語学習のお陰で、仕事で英語を使うときも自信を持って話せるようになってきた

—今回エングリットに2ヶ月通われました。まずお聞きしたいのですが、この2ヶ月間でなにが得られましたか?

以前は、頑張って話そうとしても一言二言出て来る程度だったんですが、今はそれより多く表現を使って話せるようになってきたのは、仕事で英語を使うときも実感していますね。さらに、発音なども鍛えたお陰で自信を持って英語を話すことができるようになってきました。

ーすごいですね。普段はどれくらい英語学習に時間を投じられたんですか?

1日1時間ぐらいは机に座って自宅で勉強して、あとは会社への往復の通勤電車でリスニングしていました。

ー勉強は一人でも継続できるタイプなんでしょうか?

違いますね。いつもはなかなか1人で勉強してると続かないタイプなんですが、今回は継続できましたね。

ーなかなか続かなかった英語学習が、この毎日勉強できるようになったのはなにか理由があったのでしょうか?

エングリットでお金を支払ってまでレッスンを受講しているわけだしそのための準備をしなければ、という気持ちになるんですね。そうすると必然的に毎日学習できましたね。

あと、毎日のLINEでの学習報告がかなり大きかった様に感じます。常に他人からの監視があるお陰で、英語学習への強制力がありました。

※エングリットでは、学習のモチベーション維持を目的とし、LINEを通じてトレーナーに学習記録と音読の提出を課しています。

TOEICSWレッスンで感じる空気は、電話会議のプレッシャーに似ている

ー実際に、エングリットのマンツーマンレッスンを受講されてみていかがでしたか?

TOEIC SWのレッスンは特に良かったように感じますね。

※TOEIC SWレッスン・・・TOEIC試験のスピーキング、ライティングパートの対策レッスン。最初にリスニング音源を聞いて問題文を理解し、回答を一定の制限時間下で話す練習をします。

というのも、実際に宿題に対するフィードバックの中で、自分の知っている表現と同じ意味の表現を他にも幾つか教えてくれるんですよね。

例えば、いつもは「many」と使っていたところを「a lot of」を使ったほうが良いよと教えてくれたり、それに加えてこのシチュエーションなら「abundant」という言い方もある、など教えていただいたり。

動詞とか形容詞とか、意味は通じるけど簡単な表現しか出てこなった語彙に、「じゃあ今から30秒はこの表現で話してみて」と何度も練習させてもらえます。

そうして何度も時間を測って、問題文に対しスピーキングで回答することになるので学んだ英語表現が身に付きますし、一定時間以内に話したいことを話しきる良い練習になりました。

ー時間を測ってスピーキングの練習をすることが、良い影響をなぜ及ぼすのでしょうか。

SWレッスンで、制限時間内に話したいことを話しきれないときって、そもそも回答時点で話したい内容が自分の中で組みあがっていないんですね。日本語でもどう答えればいいかわからないとか、英語でどういえばいいのかわからないとか。

でも、仕事の電話会議とか、対面の英会話だと、相手は待ってくれないじゃないですか。だから、制限時間を設けて話したいことを言い切る練習には、私にとってはすごくよかったです。

ーたしかに、仕事で相手は待ってくれませんよね。

それに、実際にチーム単位で電話会議や仕事でプレゼンをするにしても、話に詰まったからといって、だれも途中で助けてくれないですから。人が話している最中に遮ることって、仕事ではあまりないと思うんです。

ー会議中に誰かが言っていることがわからなければ・・・。

「ふ~ん」とスルーして次の話題にいきますね。ですので、独力である程度の時間英語で言いたいことを話し切るとか、足りなかったら補足するとか。SWレッスンは、そういう現場のプレッシャーに似ていると思います。

発音矯正レッスンを受けたおかげで、ビジネスの中で齟齬が生まれる可能性が減らせる

ー先程発音もよくなったとおっしゃっていましたが、発音矯正の授業はいかがでしたか?

苦手な発音もまだありますが、上達したかと思います。

「あ、発音矯正で気にするのはそこなんだ」と思いました。なんて言うんでしょうか…どんな風に口を動かせばよいのか。顎の位置はどこにして、舌の位置はどこに置くべきなのか。

近くで見て、何回もわかるまで正しい音を出してくれたり、私がうまく発せられない発音を分解してできるように教えてくれるので、「あ、そういう感じなのね」と理解できました。すごいわかりやすかったです。

もう典型的なものですが「L,R」です。例えば、pleasure とpressureの違いとか。トレーナーの方からすごい指摘されました。「R」の音なんか、もう参考書にめちゃくちゃ付箋を貼られて・・・。

ーめちゃくちゃ指摘されていますね(笑)

実際「pleasure=喜び」,「pressure=プレッシャー(圧力)」だと全く意味が違いますよね。企業同士のやり取りでこういうのを間違えると、齟齬が生まれてしまいます。

このレッスンを通して発音の違いを把握するだけでもこのような齟齬が生まれる可能性が減らせると思いますし、作業工数の削減にもつながります。ですので、かなりやって良かったなと感じますね。

オンライン英会話よりも、エングリットの方が自分で発信する時間が長い

ー実際に受講されてみて、どういった方にエングリットはおすすめでしょうか?

元々オンライン英会話にはない体験を求めていたので、どうしてもオンライン英会話との比較にはなるんですが、エングリットの方が能動的に英語学習に取り組めるかなと思っています。

英語を自分で話すとか、英語で自分から発信する能力を強化したい方ならおすすめかなと。

ーちなみにオンライン英会話とエングリットの違いはなんですか?

オンライン英会話の方が、講師の話を聞いている時間が長いです。私があんまり英語を話せないと、講師も歩み寄ってきてくれて、結果的にわたしは聞いている時間の方が長いという。助けてくれてしまうんですよね。

エングリットでは、自分が英語を話す時間が多く、よりアウトプットの時間を取れました。

ー自分から発信する力を強化したければ、エングリットということですね。ありがとうございました!

無料説明会・体験レッスンを新宿で毎日実施中!

会議で使えるスピーキング力を。マンツーマンでスピーキングと発音の徹底トレーニング

Kota様 エネルギー関係コンサルタント
開始時の英語力:TOEIC815点 英語検定準一級
上級者向けSW&発音矯正プランを受講(6週間)

英語の会議での聞き取り・発言に苦労。SWレッスンで弱点克服へ

ー受講お疲れ様でした。まずは今回エングリットを受講された目的からお伺いできますか?

エネルギー関係のコンサルタントとして働いておりまして、仕事で英語を使う機会がよくあります。アメリカなどの英語圏への海外出張が年に数回あり、そこでの会議に出席しても内容によっては全然聞き取れなかったり、発言しようとと思っても、英語で言葉がでてこないというのが続いていました。

また、英文メールを書く機会も多いんですが、それを書くのにもすごい時間がかかってしまっていたんです。これは、英語を勉強しなければならないな、と思いました。

ーそうなんですね。

これまで英語学習はしていましたが、どうしても継続することができませんでした。
ちょうどそんな時に、エングリットのカリキュラムを作られている柴田さんが書いた「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」という本に出会い、その通りに学習してみようと思い、きちんとした学習をはじめました。
発音が大事とあったので、エングリットとは違う場所で発音矯正のグループ授業に参加したりもしました。

ただ、先ほど言った通り、現在仕事で英語の会議やメール作成に苦労していました。もっと英語力を高めたいと思い、フィリピンのサウスピークに留学に行きたかったのですが、なかなか時間が取れなくて。
そんな時にエングリットが上級者向けのスピーキングのレッスンを始めたと知ったので、受講しました。

勉強への強制力+マンツーマンできめ細やかなフィードバック = ライティングの速度向上

—1ヶ月半ご受講いただいて、どう言ったことが得られましたか?
特に英語で文章を書くスピードが上がりました。おそらく自分の使える英語表現が増えて、書くスピードが上がったのではないかと。

実際に、仕事で英文メールを書く際にもスピードが一段上がったのを実感しています。

ーそれは素晴らしいですね。スピーキングに関しても、担当トレーナーが、受講当初よりも意見を順序立てて、論理的に述べられるようになったと語っていました。

ありがとうございます。
TOEICSW(スピーキング・ライティング)レッスンは、やっぱりマンツーマンなのできめ細かくご指摘、修正してくれたのがよかったです。

※TOEIC SWレッスンでは、トレーナーの質問に生徒が論理的に回答、その回答に対して、文法や使用する表現、単語のフィードバックを行うという流れで行われます。

自分が英語で答えたことに対して、しっかりとしたフィードバックが返ってくるんですね。例えば、自分の言った表現が間違えていたときも、適切な表現を1つだけを教えてくれるのではなく「このときはこんな表現も、あんな単語も使えるよ」と1つの間違いに対して、2,3種類の英語表現・単語を教えていただきました。

ー短い期間でも成果を感じられているようですね。どれくらい英語学習に時間を投じられたんですか?

電車の通勤時間で、リスニングを1時間、また、音読・発音の勉強を家に帰って30分〜1時間勉強していました。

ーいままで、独学だとなかなか続かなかった勉強が、エングリット受講開始後に毎日勉強できるようになったのはなにが理由だったのでしょうか?

一番は他人の監視の目があったからだと思います。毎日LINEで学習の進捗報告をしなければいけないので、その点学習への強制力がありました。そこが独学との一番の違いですね。

※エングリットでは、学習のモチベーション維持を目的とし、LINEを通じた学習サポートを毎日行っています。

マンツーマンでの発音矯正レッスンを通じて、今までより自信を持って英語を話せる様に

ー以前、エングリットではない場所で発音矯正レッスンを受けたと伺いましたが、そちらとの違いはありますか?

やっぱり、発音を個別でしっかり見てくれると言うのがすごい良かったです。間違いをしっかり指摘してくださいますし、きちんと発音ができるようになるまで何度も繰り返すので。

また、実際に口の形を絵で書いてくれたりしてくれたのは非常に役に立ちました。舌の形をどう動かせば良いのかわかるまで徹底的に教えてくれるんですね。

これは、以前受講した別の教室の発音矯正レッスンとの一番の違いでした。
以前の教室はグループレッスンだったので、一人一人細かいところまで指摘してもらうというのがどうしても難しくて。


↑参考書にはトレーナーからのアドバイスが書かれた付箋でいっぱいでした

ーなるほど。担当トレーナーから、発音がすごく良くなり、以前に比べてハキハキと自信を持って意見を言えるようになった。細かいところですと、日本人が苦手とするLとRの区別しっかりできるようになったと、ポジティブフィードバックが来ています。

今回、レッスンは全てマンツーマンだったので、きめ細かく直してもらえ、わかるまで教えてもらえたのが凄く良かったです。

ーそれは良かったです。インタビューにご協力いただきありがとうございました。

無料説明会・体験レッスンを新宿で毎日実施中!

3ヶ月で約300時間の英語学習。外資系IT企業での電話会議のための英語力を身につける!


↑鈴木様(右)と、担当トレーナー(左)

鈴木様 20代 外資系IT企業営業職
受講開始時:英検2級 (TOEIC未受験)
現在TOEIC結果待ち
受講期間中の学習時間:3か月で295時間

外資系企業で英語を使う環境へ。「読む・聞く・書く・話す」全て取り組めるエングリットを受講

ー受講お疲れ様でした。まずは今回エングリットを受講された目的からお伺いできますか?

この9月から外資系企業に転職しまして、3月ごろから、新しい職場で働く前の準備として英会話学校を探していました。そこでエングリットを見つけて、説明会に伺いました。

エングリットの近くにある某社や、英会話大手の某社、石原さとみのCMで有名な某社など複数社検討した結果、エングリットが一番効果が出そうだなと。

ーお選びいただき、ありがとうございます。実際に、どういった点を比べられたんでしょうか?

やっぱり中学・高校レベルの英文法をきちんと学べるところかどうか、という点です。

それに、「読む・聞く」というインプットを自分で行い、「書く・話す」というアウトプットを授業時間に取り組めるというのも、かなり大きかったです。

あとエングリット近くの某社だと、講師の方はネイティブスピーカー、帰国子女の方が多くいらっしゃって、自分が苦労して学んでいる内容をペラペラ英語で話されてしまうんですね。それで、「ああ、この人たちは苦もなくできちゃう人たちなんだな…」みたいな(笑)

ーかえって、あまり共感されなかったんですね。ちなみに前職の話もおうかがたいのですが、いままでは英語を業務で使う機会はありましたか。

前職は韓国系企業だったのですが、日本市場の方が市場規模が大きく、韓国本社から来られる方も日本語スピーカーだったりしました。ですので、職場で英語を使うことなかったですね。

ですが、新しい職場では教育プログラム、Eラーニングのカリキュラムが全部英語で実施されていました。社内メールも基本的にすべて英語ですし、経費申請ですら本社承認なので、長ったらしい英文メールが届いたり、ということが結構あります。

「英文を読むのがすごく速くなりました」本社とのテレカン抜擢も射程圏内に

ー受講を終えられて、現段階では英語力の伸びは実感されていますか?例えば、長文の社内英語メールなど読まれるといかがでしょうか。

まだまだ知らない英単語は多いなとは思いますが、英文法が理解できるので英文の構造はわかるようになりました。その上で「この形容詞の意味がわからないから、Google検索してみよう」と調べると、問題なく読めますね。

ーそれは素晴らしいですね。

英文読解のスピードが明らかに速くなっています。感覚的には、目で英文を追うスピードがすごく速くなっているんです。先ほど話したEラーニングも、同期入社組の中では一番速く終えることができました。

ー英文を理解するスピードが上がっているんでしょうね。

同期も以前の私同様、英語が全然できない人なんです。それでいて、今の部署は本国にある本社と電話で会議をすることが多いらしいんですよ。1人のマネジャーの下について働いているんですが、その中で英語ができる人がいると、本社との電話会議に同席させてもらえたり。

今のうちに本社との会議に抜擢されるひとりになろうと思っています。自分にとってかなりプラスになる経験でしょうから。

ーいいですね!エングリットの受講中に、どういったところで英語力の変化を感じられましたか?


↑鈴木様が実際に取り組まれた教材

最初に教材として「TOEIC公式問題集1」に取り組んでいたのですが、リスニングパートの問題を実際に解きながら、英語表現を覚えていくんですね。しかし、単語単位では多少聞き取れるのですが、文章全体の大意として、何を言っているのかまったくわからなかったんですよ。

それが次の教材「速読英単語Standard1800」を経て、「TOEIC公式問題集2」に取り組んだとき、文章群全体の流れと大意までわかるようになりました。

ー「速読英単語Standard1800」での音読・リスニング学習を通じて、語彙力も身に着いたんでしょうね。鈴木様の担当トレーナーも、「レッスン中の英会話におけるレスポンスがどんどん速くなっていった」とコメントしていました。

自分の中に英文の型があって、その中身である形容詞、副詞、動詞などを文脈に応じて、入れ替えて英文を作る、というのは多くなった気がします。ストックと言えばいいんでしょうか。

あとは、音読学習の効果もあると思います。「TOEIC公式問題集1」にはじめ取り組んだとき、リスニング音源を聞きながら、声に出して読もうと思っても全然追いつきませんでした。最初は、リスニング音源を通常の0.5倍速にして、遅くして聞いていました。

しかし、「TOEIC公式問題集2」に取り組んだ時には、自分の口がリスニング音源に追いついているなと感じました。もはや筋トレのようですが、音読学習を繰り返すことで、英語を話す口の筋肉がついたのかもしれません。いまでは、1.0倍速の通常速度でも読めます。

毎週のレッスンと、毎日の勉強報告のおかげで英語学習が続いた

ー今までは、こういった英語の勉強はされたことはありますか?

中学校までは英語が好きで頑張っていて、英検2級はとりましたが、大学受験以後はなにひとつ手を付けていなかったですね。

社会人2年目くらいで、英語ができると魅力的なオファーがあることに気づいて、ちょっと頑張ってみようかなと思ったりしました。

ーその上で、なかなか続かなかった…ということでしょうか。

そうですね。もし当時の自分が、エングリットと同じカリキュラムを独学でやっていたとしたら、最初の教材で心が折れていたと思います(笑)

ー今回、なぜ続けられたのはなぜでしょうか?


↑鈴木様からの学習報告(LINEからのスクリーンショット)

やっぱり、毎週レッスンで顔を合わせる担当トレーナーに毎日勉強時間を報告しなきゃいけない、というのがありました。

あと、レッスン中にトレーナーの前で英語を話すとき、なんとしてもかっこよく決めたい!という思いがありましたね。学習のモチベーションが維持できなくなりそうなこともありましたが、毎週試験があったのもあり、続けられました。

ーそうして3か月間続けられて、295時間勉強されたと伺っています。どのようにこの勉強時間を確保されたんですか?

基本的に朝起きてから1時間、30分の通勤時間にリスニング学習、帰宅後に1時間半、という形でした。エングリット受講開始時に教えてもらった学習法に関する書類に「朝の1時間は夕方の3時間に匹敵する」という記述があったので。

今後の目標は、TOEIC800点まで到達、本社との電話会議に同席させてもらうこと

ー最後に、ご自身が3か月エングリットを受講した上で、どういう方にお勧めできると思いますか?

どういう方でしょうね・・・英語頑張りたいんだけど、もう昔勉強した内容は忘れてしまったな、という方でしょうか。私も高校英文法なんか忘れているだろうから、ということで、高校英文法からやり直したので。

ー今後の目標は?

まずは、社内の英文メールがすぐに理解できるようになることですね。あとはとりあえずTOEIC800点ぐらい取りたいです。社内目標が600点といわれているんですが、800点取って抜きん出れば、本社との電話会議にも連れていってもらえるんじゃないかな、と(笑)

ーそういった明確な目標があると、突き進めるので素晴らしいことだなと思います。

無料説明会・体験レッスンを新宿で毎日実施中!

英語で「書く、読む」ための3か月、306時間!挫折しがちだった英語学習をエングリットで続けられた理由


↑Daikiさん(左)と担当トレーナー

Daiki様 30代 日系メーカー経理財務
受講開始時:TOEIC LR 530(L:315 R:215)
現在受講後のTOEIC結果待ち
受講期間中の学習時間:3か月で306時間

英文メールの返信、英語で書かれた資料を読むために!どうしても続かなかった英語学習をエングリットで再開

ー3か月間お疲れさまでした。始めにエングリットを受講されたきっかけ、目的を教えていただけますか?

仕事で英文メールに返信したり、英語で書かれた資料を読むときに時間がかかってしまっていて、とても困っていたというのが一番大きかったです。もっと速く英文を読めたらいいなと考えていました。
また、ずっと英語を話せるようになりたいという気持ちもあり、今回の受講に至りました。

ー英文メールや資料はどこから送られてくるものなんでしょうか。

アジア圏はインドネシアや中国、欧米圏ではアメリカとフランスなど海外に関係会社がありまして、現地で働く外国人スタッフとやりとりをすることがあるんですね。英語が母国語の社員と業務に携わる際は必然的に英語になります。

ーTOEIC530点で受講を開始されていますが、これまでに英語の勉強はどのくらいされましたか。

書店で英語の参考書を買っては途中でやめ、再開してはまた途中でやめ…を何回も繰り返していました。それで今に至ります。

高校時代も、英語に苦手意識は若干ありました。英語の授業は週6~7時間受けていたんですが、大学受験の必要がない高校に通っていたので負荷が小さかったのでしょうね。

英語の語彙力強化により、英文メール作成にGoogle翻訳や辞書を使う頻度が減った

ーいままでは業務で読む英文メールや資料はどの程度理解できたのでしょうか。

理解できて6~7割、基本的には「たぶんこういうことを言っているのだろうな」というくらいしかわかりませんでした。

ーその状態から3か月集中して英語学習に取り組まれましたが、何か変化は感じられていますか?

やっぱりだいぶ変わってきたなと思います。今まではGoogle翻訳や検索で言いたい日本語を入力して、翻訳していました。
しかし、今はGoogle翻訳を使う機会が減りました。

ーそれくらい英文メールを書けるようになられたんですね。英文を読むことについてはいかがでしょうか?


↑Daikiさんが取り組んだ参考書。高校英文法やり直しと語彙力強化、TOEIC対策のための教材

先ほど6~7割の理解とお話しましたが、それも辞書で調べながらの6~7割だったんですね。いまは以前よりも辞書を引く頻度が減りました。勉強してみて、いままでは英単語を知らなさ過ぎたと感じました。この3か月で結構単語を覚えられたので、役に立っているのかなと思います。

ー辞書を引く頻度が減って、結果的に読むスピードも向上したと思います。ご自身でそうして変化を実感されているのは素晴らしいですね。受講期間中に日々の生活の中で何か変化を実感されたことはありましたか。

街で目にする外国人向けの注意書きをふと見て、わかる英語が増えたというのを感じました。あとは外国人観光客が英語で話している内容が理解できることがあります。

インターネット上で検索していたときにたまたま英語のページにアクセスしてしまったときも、以前より読めるようになりましたね。いままでなら、英語で書かれたページを見ただけで混乱してしまっていました。

エングリットの良さは、トレーナーへの質問で「わかったつもりでも意外と間違っていること」を確認できること

ーそんなDaiki様からいただいた報告ベースで、3か月間で306時間50分学習時間という数字が出ています。

学生時代を含めて、ここまで英語をちゃんと勉強したことってないです。

ーいままでなかなか続かなかった勉強が、この3か月間毎日勉強できるようになったのはなにが理由だったのでしょうか?

やっぱり人の目があることですね、強制力があったことです。エングリットでは適当に勉強するだけではなくて、宿題もあるんですよね。例えば、毎日音読を録音してLINEでトレーナーに提出する義務があるじゃないですか。それによって逃げられなかったというか、そこが一番大きいです。


↑LINEによる音読の提出

あとはやっぱり受講した以上はちゃんとやって成果出さないと、というのもありました。

ーそれでも毎日勉強を続けるのは大変だと思うのですが、いかがでしたか?

大変でしたね、やっぱり。英文を読むのにも最初は時間がかかりましたし、全体の予定よりも時間がかかりがちでした。なかなか勉強時間を捻出するのは骨が折れましたね。私の場合、通勤も片道15分と短いので、退勤後帰宅してから勉強時間を確保するようにしていました。仕事終わりに2~3時間勉強するのは、精神的にしんどいこともありましたね。

ー具体的には、どういった時間に学習時間を確保されていたんでしょうか。

朝夕の通勤時間合計20~30分間と、朝起きられれば1時間程度自宅で取り組んで、あとは帰宅してしまうと寝てしまうのでカフェに寄って2~3時間勉強していました。

ーそうしてレッスン以外の時間はご自身で学習されていましたが、普段の独学との違いはありましたか?

エングリットではレッスン中やLINEでトレーナーに質問して、自分の理解が正しいのかどうかを確認できるのが大きいです。「これってこうで合っていますか?」と質問したら、「もう少しこういった理解のほうが正しいです」と、自分でも理解したつもりだけど意外と間違っている部分も多かったんです。

ーああ、それは独学ですと…

間違っているのに、わかったつもりのままだったかもしれません。

英文法をおざなりにする人に欠けている「相手に気を遣わせている」という視点

ー最後にお伺いしたいのですが、3か月受講された上でどういった方にエングリットがオススメだと思いますか?

やっぱり、自分ひとりで勉強を続けるのが大変な人、ある程度管理された方が捗る人、英文法をちゃんと勉強せずに行き詰まってる人に対しては、特にオススメしたいです。

私はある本を読んで、「文法なんてどうでもよくて相手に伝わればいい」という意見は、「相手が頑張って理解してくれている」という視点が欠けているということを知りました。
周囲の友人にもいろんな意見の方がいて、「英文法ありきでちゃんと会話で伝えられないとだめ」という人も、「文法なんてどうでもいいから伝わればいい」という人もいました。最初は私も後者の意見だったんですけどね。

ー「相手が理解しようと努めているから、コミュニケーションが成立する」というのは間違いなくあると思います。もちろん理解しようと相手に努力させない方がストレスのないコミュニケーションができます。

以前に英文メールの内容を確認してくれ、と頼まれたことがありました。おそらくGoogle翻訳に日本語入力して作成した英文だったんですが、「ああ、文法がひどいな…」と。これは相手方は読むの大変だろうなと思いました。

ー今後も英語学習は続けられるんでしょうか?

続けます。9月、10月にはTOEIC LRで650点を取りたいですね。

ーわかりました、インタビューにご協力いただきありがとうございました。今後も引き続き応援しております!

エングリットの無料説明会・体験レッスンを新宿で実施中!