サブカル女子が送る漫画、アニメ、ドラマなどの情報サイト

エングリットは笑わない

女子漫画

『きっと愛だから、いらない』35話。最新話のネタバレ

更新日:

『きっと愛だから、いらない』の35話の最新のネタバレを書いています。作者は水瀬藍先生。Sho-Comiにて連載中。

 

『きっと愛だから、いらない』の前回(34話)のあらすじは・・・

no image
『きっと愛だから、いらない』最新話のネタバレ【34話】円花のいるラズライト

『きっと愛だから、いらない』の34話の最新のネタバレを書いています。作者は水瀬藍先生。Sho-Comiにて連載中。   『きっと愛だから、いらない』のあらすじは・・・   海の音に ...

続きを見る

 

ライブまで日にちがない中、ラズライトの歌はやめるようにプロデューサーに言われてしまう円花たち。新曲を作るという話に、自分がうまく歌えないことを謝る円花だったが、「高宮のために曲を書きたい。」と言ってくれる吉良。

 

新曲はプロデューサーにもいいと言ってもらえ、メンバーの結束力が高まってきた円花たちだったが、ライブ当日自分たちの新曲をシリウスに歌われてしまう。

 

 

『きっと愛だから、いらない』第35話 最新話のネタバレ

 

シリウスのライブ

「ひどい。」と思う円花。

 

この曲は吉良が新しいラズライトのために頑張って作った曲なのに、なぜシリウスがラズライトの新曲をやるのか、驚く円花たち。

 

プロデューサーはシリウスがパクったことに気付くがこのままラズライトにも新曲を打たせることを指示する。面白いものが見れるかもしれないと思ったのだ。

 

泣いているかと思い円花の方を見るボーカル。しかし円花は、まっすぐな瞳でシリウスのライブのことを見ていたのだった。
それに驚くボーカル。

 

 

「ねえ、やっぱり次に私たちが同じ曲をやるのはまずいのかな。」

 

問いかける円花に、「やばいだろうな客はシリーズの新曲だって思ってるわけだし。 ただでさえ邪魔だと思われているのに。」と返すメンバー達。

 

真っ暗になる会場。席を立とうとしたシリウスのファンの子達にパッとライトが灯る。驚く彼女の目の前には吉良がいた。驚く少女にウインクをしてみせる吉良。

 

ドキッとする少女。次々とライトが灯っていき、 ライブが始まろうとする。

 

この曲は私が世界に届ける歌

「こんにちは!ラズライトです!!」

 

明るく笑顔で言う円花。曲が始まるとファンがさっきのシリウスの曲だということを気づき始める。ざわざわとし始める会場。アレンジが違うが舐めているのかと話し出すファン達。

 

「やめろよ!シリウス出せ!」

 

そんな暴言にも最高の笑顔を返す円花。その笑顔を見てときめく男性ファンたち。メンバーたちは、しかし円花が怒っていることに気が付いていた。

 

圧倒的な歌唱力で会場を魅了する円花。この曲は私が世界に届ける歌、 そう思いながら歌う円花。会場は大いに盛り上がった。

 

忘れ物

会場を後にするファンたちの中には、シリウスを称える言葉もありながら、「ラズライトも良かった。ファンになっちゃった。」という声もちらほら聞かれた。

 

結局ラズライトの曲をシリウスがサプライズで歌ったことになり、無事にまるくおさまったライブ。悪かったと謝るシリウスのメンバー達。

 

しかし「 許せません。」とそっぽを向く円花。

 

「謝るのは私たちにじゃないと思います。感動しましたあんなにたくさんの人の前で歌ったの初めて。みんなシリウスの歌を聞きに来たんですよね。」

 

照れるシリウスのメンバー。

 

「なのに人の曲取って歌うなんてふざけてます。」と怒る円花。

 

「次も今日来てくれた人たちが必ず来れるか分からないんです。」

 

シリウスのメンバー達はちゃんとしようと話し合う。ポーチを忘れて取りに戻る円花。最近忘れ物が多いことに気が付く。みんなの元へ戻ろうとした時帰り道が分からなくなってしまった円花。

 

病気じゃなくたって帰り道がよくわからなくなることなんてあるよと思い、道行く人に道を尋ねようとしたが、その男性は円花抱きしめると「つかまえたよ。」というのだった。

 

 

『きっと愛だから、いらない』第36話最新話のネタバレ

ComingSoon

 

『きっと愛だから、いらない』まとめ

今回は『きっと愛だから、いらない』第35話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

-女子漫画
-, , ,

Copyright© エングリットは笑わない , 2019 All Rights Reserved.