サブカル女子が送る漫画、アニメ、ドラマなどの情報サイト

エングリットは笑わない

女子漫画

『御手洗家、炎上する』最新話のネタバレ【24話】火事当日の真希子

投稿日:

藤沢もやし先生の『御手洗家、炎上する』最新話のネタバレ【24話】

 

『御手洗家、炎上する』の前回(23話)のあらすじは・・・

 

柚子は利用しただけなのかと悩む真二。そんな真二に葛木は告白します。杏子は真希子のマネージャーとして働いていました。きっかけは四ヶ月前、父親と会っていた時に乱入してきた市原看護師長。

 

真希子に盗聴されている事実を明かし、皐月に世話になった恩返しに杏子たちに全面協力してくれたのです。証拠のニットが失われた後、残る手掛かりは真希子のブログ。ブログの仲間を探っているのは柚子でした。

 

『御手洗家、炎上する』第24話 最新話のネタバレ

 

火事当日の真希子

「最初見た時は腰抜かしたわ。この「エリーゼ」もとい港真希子の日記。毎週高級バッグや洋服をこれでもかと披露…なにげなく映りこんだ食器も家具もハイブランド。ーーでもここに映っている全部が…」

 

「はい!ぜんっっぶうちのお母さんの私物でしたー!」

 

柚子が答えます。改めて真希子すげーなと感心するクレア。

 

「この頃から真希子は皐月さんの人生を疑似体験してたわけか…」

 

エリーゼはかなり有名だったようでエリーゼに憧れるコミュニティまであったそう。日記は途中から限定公開に切り換えていましたが、ファンミーティングは何度か行われてたよう。

 

「だから"この日"もそうだったんじゃないかって。13年前の12月22日、あの火事が起きた翌日の「エリーゼ」の日記、「昨日はありがとうございました」から始まってる。つまり、12月21日の火事当日、真希子はwixiで知り合った誰かと会っている。その人に話を聞けば火事当日の真希子の動向がわかるかも」

 

エリーゼのコミュは千人近く登録されています、その中からどうやってとクレアは言いますが、柚子は話を聞けた人からファンミーティングに行った人を何人か聞き出したそう。

 

自分のヘマで杏子の負担を増やしてしまったと柚子。

 

「だからこれからは間違えない。自分の失敗はどんなことをしても自分で取り返す」

 

 

一人での食事

どうやって匿名の相手たちに取り入るか考えていた柚子でしたが、お腹が空いてラーメン屋に駆け込みます。美味しそうに食べるからと餃子をオマケしてくれた女将に真二の言葉が甦ってきます。

 

『俺、柚子ちゃんが美味しそうに食べてるの見るのが好きなんだ』

 

本当にいい人だったと真二を思い出します。

 

(あんな顔であたしに笑ってくれることはもう二度とないんだろうな)

 

そう思うと苦しくなる柚子でした。

 

一方、葛木とデートしていた真二は柚子に似た人を目で追ってしまい、葛木といても思い出すのは柚子の笑顔でした。

 

真二が家に帰ると真希子が待ちかまえていました。真二の行動に口を出す真希子。

 

自分の立場がわかっているのか、雅史が医学部に入って状況は変わったのだと詰め寄ります。

 

いい加減にしろよ!!と真二は怒鳴ります。

 

自分が頑張ってきたのはこの家にしがみつくためではない、病院の後継ぎも丸く収まるなら雅史でいいと思っていると話します。

 

「俺のことまで母さんの人生の道具にされたくない…!これは俺の人生だ。自分のことは自分で決めるよ」

 

 

立ち去る真二を懸命に引き止める真希子。一人になった真希子はふざけんなと呟きながら真二のカバンを漁ります。

 

運命のすれ違い

柚子は山茶花という女性から12月21日エリーゼのファンミーティングがあったと証言を得られます。昼間から夕方にあったそうですが、エリーゼは用事があると昼過ぎには早退したそう。

 

その日の写真やメールがないかと尋ねますが、プライベートの詮索は御法度で何も残ってないと言います。

 

新たに分かったのはムジナというコミュ管理人のみがエリーゼと連絡を取っていたこと。しかしムジナは既に退会していました。

 

街中を歩いていた柚子は真二とすれ違います。隣には彼女と思われる女性。

 

(そっかそっか、てっきりへこんでると思ったけど元気そうでよかった!ほんと、よかった)

 

見送ろうとした時、真二が振り向き柚子に気づくと追いかけて来ます。険しい顔をした真二は柚子を捕まえると路上に押し倒します。

 

「よかった。やっと会えた」

 

 

『御手洗家、炎上する』第25話最新話のネタバレ

ComingSoon

 

 

-女子漫画
-, , ,

Copyright© エングリットは笑わない , 2019 All Rights Reserved.