サブカル女子が送る漫画、アニメ、ドラマなどの情報サイト

エングリットは笑わない

男子漫画

【書評】マンガ|無職転生|リアリティのある転生ものが読みたい?

更新日:

『無職転生 異世界行ったら本気だす』は、理不尽な孫の手さんのライトノベルが原作です。

 

この紹介は以下の人向けに書きました。

無職転生という漫画は知っているけど、読んだことがない。

小説は知っているけど無職転生のマンガ版を読んでみたいと思っていた。

現在無職なので転生したい

 

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」の書評とあらすじ

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説家になろうで連載されているファンタジー小説です。現在は小説だけでなく、漫画、ドラマCDなど様々なコンテンツで発表され、アニメ化の予定もある大きなタイトルです。

 

今回はコミックフラッパーで掲載されている、漫画版の無職転生を紹介します。

 

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」あらすじ

転生前の主人公は、社会不適合者の烙印を押され、家族にも見放され、引きこもっていました。しかし、ある時両親が亡くなり、その両親の葬式に参列しなかった主人公は兄弟から家を追い出されてしまいます。

 

これだけでは主人公がただのクズにしか見えないかもしれませんが、主人公はその後トラックにひかれそうになった高校生を助け、事故死するのです。ここからが話の始まりで、死んだ主人公は魔法ありのファンタジーの世界に転生します。転生した主人公は、前世の生き方を後悔し、第二の人生を懸命に生き始めるのです。

 

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」書評

昨今でよく見かける転生ものと違うのは、主人公がただ強いだけではなく、きちんと考え努力している点、そして主人公が前世に負い目を感じているため、前世と今世の葛藤と、葛藤を乗り越えた先の成長が見られるという点です。

 

無職転生は、誰もが向き合いたくない社会不適合だった場合の現実と、ファンタジー世界で生きる場合の苦労と楽しさ、そんなプラスの面とマイナスの面のどちらも取り入れた作品なのです。人生は山あり谷ありと言いますが、無職転生はまさにその言葉通りで、上手くいくときもあればうまくいかない時もある、上がり下がりのある人生を丁寧に描いているので、非常にリアリティが高く、共感しやすいところが魅力的です。

 

さらに、出てくるキャラクターたちが可愛いのも魅力の一つで、様々な女の子たちが主人公と関わっていくところを見るのも醍醐味です。出てくる女の子たちが無意味に主人公を好きになるのではなく、段階を踏んでしっかりとした理由で好意を持ったりするため、無意味なハーレムが苦手と言う方でも安心して読むことができます。

 

現実味があり、共感もでき、さらにはハラハラドキドキできる転生ものはそうありません。そんなすべての要素を兼ね備えた「無職転生」は一見の価値があります、この機会に一冊読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回は「無職転生~異世界行ったら本気だす~」のあらすじ(書評)でした。

 

 

 

-男子漫画
-, ,

Copyright© エングリットは笑わない , 2019 All Rights Reserved.