「意思が弱くても続けられる」LINEサポートとテストでモチベーションが続く!|3か月で240時間の英語学習、TOEIC765点まで向上されたHMさん

HM様 30代 広告代理店勤務
受講開始時:TOEIC LR 615(L350、R265)
3ヶ月受講後:TOEIC LR 765(L425、R340)
3ヶ月の受講でTOEIC 150点アップ!
受講期間中の学習時間:3か月で239時間

英語ができたほうが給料が上がる。3か月で239時間を英語学習に投入し、TOEIC765点までアップ!

ー今日はよろしくお願いします。まずは、エングリット受講の経緯を教えていただけますか?お仕事で英語を使われていたんでしょうか?

申し込み当初は、すぐに仕事で必要になるというわけではありませんでした。英語ができた方がより良い仕事ができるようになるといいますか、外資に転職した知人のお給料がすごく上がっていたりしていたんです。
そういうのを見ていると、英語できた方がいいなと思ったのがきっかけです。

ーTOEIC765点まで向上されていましたね。転職活動では、英語力もしくはTOEICの点数は評価されましたか?


↑HMさんの実際のTOEICスコアシート。765点まで向上されました。

TOEIC800点というわかりやすい大台には乗らなかったので、見劣りはしたかもしれません。しかし、元々持っているスキルにプラスする形でTOEIC765点あるとアピールはできました。

面接受けたときにも、「英語そこそこちゃんとできるんだね」というような形で、ポジティブに働いたのではないでしょうか。

ー3か月の受講期間中、約240時間勉強されていますね。

すごいですねえ、ひとりじゃとてもそんな…。

※HMさんのエングリットでの総学習時間
(休会期間を除く受講期間中の3ヶ月、LINEでの生徒報告に基づく)
座学:59時間50分
リスニング:145時間40分
レッスン:33時間20分
合計学習時間:238時間50分

意思が弱い自分が継続できたのは、毎日のLINE報告義務と、毎週の確認テストのおかげ

ー結構な勉強時間数ですよね。明示的に成果も上がっていますが、なにが成功要因だとお考えですか?

そうですね、ひとつは毎日の座学1時間、リスニング学習2時間に徹底的に取り組んだのがよかったのかな、と。本当に、毎日ここまできちんと勉強時間を確保したことってなかったんです。意思が弱くて。
エングリット受講期間中は、毎日LINEで日本人トレーナーの方に学習報告しなければいけなので、ここまで徹底的にやれたのかなと思います。

ーお仕事されながら自分の意思で勉強時間を確保するのは、なかなか難しいですよね。LINEでの報告義務が、習慣化の一助になったんですね。

それと、毎週の日本人トレーナーとのマンツーマンレッスンで確認テストがあるんです。テストのために頑張れた、というのもありました。毎回のテストは、大変でしたよ。

ーどういった点が大変でしたか?

冠詞(”a”と”the”など)をどのように適切に使うべきかなど、細かい点ですね。いままで冠詞を意識して勉強したことなんて、正直なかったんです。自分で今まで勉強したときも、リスニングも和文英訳もなんとなくやっていたり…。


↑実際にHMさんが受けられたテスト。確かに、冠詞部分に誤りがありました。

ー担当トレーナーからは、HMさんは受講時点である程度基礎的な文法力は十分あったけれども、細かい部分は抜け落ちていたと聞いています。しかし、受講期間後半に差し掛かると、ご自身で間違いに気づいて訂正されることが多かったと言っていました。

ありがとうございます。エングリット受講前に、一通り中学英語と高校英語をやり直せたのもよかったと思います。

ーどういった参考書で学習されましたか?
エングリットの説明会に来た時に参考書が紹介されていたので、それを買って学習しました。


↑HMさんが実際に学習を行った初心者向けの英文法参考書。説明会でも参加者のレベルにあった参考書を紹介しています。

意思が弱くて、先延ばしにする人にエングリットはおすすめ

ー実際に受講されてみて、どういった方にエングリットはおすすめでしょうか?

意思が弱い人におすすめです。意思が弱い人に共通しているんですが、英語力上げたいなと思いながらも先延ばしにしてしまうんですね。そういう方は、エングリットで集中的にやってみればいいんじゃないかと思います。

ー確かに毎日の学習サポートとレッスン時のテストによって、学習の強制力が働いたことで学習が続けられたという方は多いです。インタビューへのご協力ありがとうございました!

エングリットの無料説明会・体験レッスンを新宿で実施中!